FC2ブログ

声の呼吸法講座(3/8)

講座テーマ「まとめ」

[1]ウォーミングアップ

(1) 四股。股割り。骨盤と股関節とそのまわりの筋肉を調える。
 芸事と普段の生活を折り合いをつけてやる。壊さない。
◎自分の身体を知る。自分の機能を知る。はたらきを知る。
 身体は柔軟でなくてもよい、が硬いと損。
・声と身体を使う(外側よりも中身が大事。芯をきたえる。皮膚感覚)。
◎いろいろなものに適合できるような芯をつくる。芯を知る。
 だんだん居所、すわりのいい姿勢がわかってくる。

(2) 使ったら、元に戻す。反対に動かす(回復運動)
・仰向けでひねる。伸びている足首をのばしたり、まげたり。
・両足をのばして股関節をゆする左右に、上下に。
・両足をかかえる。膝をひらく。背中、首の力を抜く。
・両足をのばして背中がべったりつくように身体をつかう。首はしめない。
・腹筋だけを使わないで腹筋運動を行う。
・腕をバンザイして体側、脇の下をのばす。
・脚を半伸ばしにして股関節をゆるめる。
 頭に血が上るようにではなく、落ち着くようなウォーミングアップをする。
・座骨を意識する。
◎しゃべり方が悪いのは発声が、発声が悪いのは呼吸が原因のことが多い。
 いい声が出る状態になる方法をみつける。
◎自分が納得し、他人にも通じることを考える。

<個人テーマ練習>
Aさん 歩く
Bさん ハミング。ピアノで出している音をみつける。弾いた音と同じ強さで出す。
    鳴りよりもひびきをきく。強すぎず弱すぎずをみつける。音かえる。
Cさん 5年目。一回きらいになって最近本気で好きになった。
Dさん 自分に合った声をみつけたい。あご、歯列、舌・鼻、のどはいい。
Cさん 首・肩・手のしびれ。じっとしていられない。ロングトーンをするとよい。

[2]講義と演習「身体・気・心・語気テキスト」腹と思いと考えと感情
(1) まず、そのまま読む。今の自分で読む。次に各々の気で言い分ける。
(2) 気の状態を自分の身体でつくる。
(3) 腹で考える。腹をこする。腹をあたためる。手が赤くなるくらい、両手でやる。
(わからなかったらきく、きいてわからなかったらやってもらう)
◎末梢まで気を行き渡らせる。

Ex-1:臍の上と下に手を当てて、ことばをきく。声を出さないで「小林一茶」
・感じやすい方の手がある。その手から声を出す。あるいはその手に向かって
 つもりでなく身体の実感がある。

◎感情は最初に腹に起こり、それから頭にいき、各身体に指令がいく。
・頭の理解を腹に送り返す。
→テキストをしみつかせる(100回音読する。100回書く)早く頭に入れる。
◎気の条件を身体に、腹に、小腸におこす。
・言葉の記憶は前頭葉に、情報として入れる。脳幹の情動にしない。

◎<情念芝居>大げさ、くさいのは、江戸時代からの日本人の特有のもの。
 声に出さなくても息がおこる。喉がうごく言葉をつくる。
 腹は別の作業で状態をつくる。(感情移入はない)
Dさん 腎臓を温める。背中の下がかたい。そこで感情をつくる。
・楽しむ、苦しまない、「悲しむ」ことが楽しい身体の状態をつかむ。
 暑さ、寒さもまず小腸にくる。

◎知(大脳前頭葉)・情(脳幹)・意(前2つを統合する脳)
 その部位が生理的に反応する。3つを分離できる。
 いい役者を見て、受けて、感じて、反応して、わかることがある。
 現在は役者でなく、演出家がやっている演劇が多い。だからつまらない。
 さらに演出家が演出でなく、自分をやりたがる。
 うまい役者がいれば、演出家は何もしなくてよい。
◎気・感情・腹(肚)を自分でみつける。言葉はそれから。
・身体でやる。頭でやるといいことない。
 呼吸運動を全身でやる。瞬間やる。ひたらない。頭はちがうことをやる。
 腹で字が読めれば、繰り返しやれば感情は湧いてくる。
・本来の「思・想」は長い時間のもの。今のは瞬間のひらめき、頭の
 今思ってもその演技はできない。
 鼻から吸う。吐き出さずに出す。ささえて出す。
◎わかったあとで技術が身に付く。技術とは整えること。
◎技術(technique)と操作(operation)はちがう。
 テレビは実(体)でなく虚を楽しんでる。
 自分はどうするのか、どうしたいのか次第である。
 実があって真があると、みんな見に来るのではないか。
・今は虚が多い。虚を実と思っていることがある。
 でも人間の実(排泄とか)は変わらない。
◎自分の中に真実をみつけることからはじめる(真の実)。
 それを外側と技術でつなげる。
・真に納得したものは外にも通じる。
◎「これだ」という自分の実感をひとつずつ積み上げる、それが自信になる。
 道には先があり、尻尾もある。ずっと続いているものにのっかっている。
 道のある「芸」をやろう!



◆本日の磯貝語録
なし

◆本日の感想
 講師の話が分るようになって来た。次に実感を手にしたい。
 この1年で、理解した事、気付いた課題をしっかりこなしてゆきます。
関連記事