FC2ブログ

声の呼吸法講座(1/25)


講座テーマ「5種練息法②」

[1]ウォーミングアップ
 三点倒立、首がすわる、目が覚める

[2]講義「息の5息法について」
 呼吸-空気の出し入れ
 息-体の中を巡るエネルギー
 表現のための息に、正息・安息・実息 絶対に鼻から入れる。
 体内に入れて温度を変える。
 磯貝メソッド5息法、コントロールする息、表現のための息
 (1)長息 腹息(Hi)
 (2)短息 腹息(Hi)
 (3)強息 胸息(Ha)
 (4)弱息 胸息(Ha)
 siだと有声音に転化しにくい、hで喉頭を意識する。1音1音つくりなおす。
 (5)細息(糸をつむぐような息)、口唇息、背息(u)
 (参考)深息、浅息、急息、暖息、ツブ息

[3]演習:5息練習
 (1)長息:安定して細く長い息を5回くらいできるように
 (2)短息:口の奥のhをまっすぐ前に出す。(1)+(2)をやる「hi,hi――」

・息がもれると、エネルギーを捨てている。体内の気の空気の部分
◎息はあなたの精神状態である。気を息に参加させる。
 気を抜かず、上げすぎない。息をまともにすることで調整する。
・本意気と日常の差をいつも意識しておく。
◎気と息は連動している。音でなく息を出す、流す、吐かない。
・呼吸でなく息を意識する。息のポジションを意識する。
・(1)(2)臍から鳩尾の間でやる。かためないこと。
◎丹田を入れて横隔膜を出す。「hi,hi――」「hi――,hi」
 短息を繰返して喉から口先までの息の流れを意識する、もらさない。
 鳩尾の下、臍の下に手を当てて確認する。
 丹田を入れることで横隔膜を押し出す。
 横隔膜が抜けて、胸にあがらないように。
 短息は息の粒をつくる。

 (3)強息:横隔膜の側部で「ha」を出す
 軟口蓋、上あごに息をあてる(広くしない)
 それを強める 息でコントロールする 喉に負担なし
 丹田で横隔膜を張り、瞬間強い息を出す。
 丹田を出すのと入れるのと両方できる。
 息は鳩尾から下に溜める。
 脇と丹田をつなぐエネルギーをみつける。

◎「声が悪いと言葉が悪い 言葉が悪いと精神が悪い」のではないか。
・魂がくずれると声がくずれる。声が乱れると精神が乱れる。
◎息が整うと心も身体も整う。何かが通る、通じる。
・通そうとしなくても通るのを信じる。代償行為に逃げない。
・いつかはできるようになると信じて、ただただ続ける。
・できたら、もう一回やる。それを繰返して定着させる、掴む。
・できないことだらけだけど、自分にできる少しのことを確実に知る。
・声は変わる。生きようによっていくらでも良くなるし、いくらでも悪くなる。
◎身体の精神で声を出す。肚にある息を使って呼吸をする。
・他人ができるなら自分にもできる。


◆本日の磯貝語録
 呼吸法もレベル(グレード)があり、方法も用途により少しずつ異なる。
 磯貝メソッド5息法は、応用実践的、特に表現には有力な方法である。
 息の実感をしっかり持つ事から始めたい。

◆本日の感想
 身体法は「倒立」でした。やはり軸がずれていてうまく立てない。
 ここだとつかめると楽になった。今日は5息をやった。とても息が高い事が分る。
 気ばかりで実は息がすごく高すぎる。下げるしかない。

関連記事