FC2ブログ

ことば初級:音声レッスン(7/20)

5母音チェック

[1]ウォーミングアップ
 歩く
 スクワット

[2]講義と演習
Aさん:
演-母音「イ・エ・ア・オ・ウ」(自己採点 5/10 → 6/10)
・自分がやっていることをわかってやる。意識がないと言葉音は育たない。
・声のためにはきく耳を育てる、自分を知る。客観を育てる。
 「イ」「エ」をつぶしすぎている。前を意識しすぎ、最初に力が入りやすい。
◎音を変えるときは喉をしめず、息だけ止めて、音を変える。
 最初に喉をしめずにあけっぱなしにしておく。ガラスに息を吹くように。
 「イ」「エ」のとき、特に喉の意識をもってよく鳴らす。
 喉が鳴っている状態を確認し、声を調整する。

演-出している音を体のどの辺に感じるかを1音ずつチェック
 喉の鳴りと口腔内のひびき、それをさらに体にひびかせる。外にまで
・声をひびかせるために、喉をどの程度使えばよいかを知る。
◎まず喉をよく鳴らす。喉の音実感を捉える。
自分の能力を十分に使えば、大抵のことはうまくいく。
・声の出し方で喉の位置、動き方が大きく変わる。
◎喉の位置が上がると声も息も不安定になる。
・自分の喉をよく鳴らす息の量・強さをみつける。喉で音を変える実感。
・自分が出している音と、外にきこえている音はちがうことが多い。
◎相応しい音で言葉を出すと、意味を実感しやすい。
 人に伝わる声と言葉の出し方がわかれば、セリフは出せる。
 自分がいいと感じる声を出し続けて、時々専門家にチェックしてもらう。
・自分の出している声をきいて話すと、思うよりも意識が冷静になる。
◎喉が浮かないで、ひびく声・音をみつけて、出せるようにする。
 変えてなくても変わったり、変えようとしても変わっていなかったりする。
 無意識に出していた声を意識的に変えて出して使えるようにする。
 声を出していなくても喉の深い意識を取り戻す。

◎調音点:音の当たる場所・的(まと)であり、的に当てる音の元は喉にある。
 二点をうまくつなぐために口の奥に意識をもつ。
 舌をおろし、口腔を縦に奥に細くする。ひびく場所をつくる。

 変な思い込みを捨て、偏見をもたないためにいい耳を育てる。
◎雑音がない、音量がある、音域があれば、だいたい良い声。
 聞いてもらうための音をする。

[3]「オツベルと象」を読み、語音、発声のチェック
・低い声で読もうという気が起きてきたことは良いこと。
 書いてある音を全部出すことが原則。外に出して人にきかせる。
 人に聞かせて分ってもらうには自分はどのようにどの程度やればいいかみつける。

演-5母音×子音をひとつずつ作っていく。根気よくやる。

演-半折りの新聞紙を縦に丸めて、真ん中を持って、その穴に向かって
「雨ニモマケズ」を読む。
・次に少し遠く(3/4くらい)を持って
・筒の先を斜め下に向けて、先頭がビリビリ響く声で
 新聞の先を言葉の終着点にする。広げない。思考も感情も。
 広げると散乱する。
 新聞の形を変えてもいい(ラッパのように、など)
 広げた声の実感、筒で細くした実感。
◎心・言葉は焦点を絞る。声も絞る。決して散らさない。
 散らさないためにも、喉はおりていたほうがいい。
 声が浮くと、心も浮く。立ってもおちついていられるように。


◆本日の磯貝語録
 声が安定することは、心が安定することと同意である。

◆本日の感想
 今日も新しい発見がありました。まだまだ吸収することだらけですが、
少しずつ取り組んでいこうと、更に思いました。今日もエネルギーをいただき
ありがとうございました。何が必要か少しずつ分ってきました。

関連記事