FC2ブログ

発声・呼吸月1(7/10)

講座テーマ「身に付く呼吸法、腹式呼吸」
 
(1)準備体操  林講師
 手首、足首、開脚アキレス腱伸ばし
 体側伸ばし(腕を上に、手の組み方で伸展部分が違う)
 肩、胸ほぐし(腕を使って各部分をモゾモゾゆっくり動かす)
 大腿骨、骨盤(内側を意識)を回転させて動かす。
 身体ほぐし(関節をあちこち動かす)
 お尻キック(踵を後ろに蹴り上げる)前屈(足裏を合わせ開脚座り) 
 上体ねじり、腹もみ、肋間筋伸ばし(片腕を上に、片腕は後方床に付ける)
 上半身ストレッチ、首伸ばし、足裏ツボ押し(湧泉ほか)
 床にうつ伏せになりお腹、腰、背中ストレッチ、股割り
 2人組(長座で足を浮かす)座っている人の手足の片方ずつ動かす
 ーインナ―マッスル意識―

(2)丹田と横隔膜
 丹田を意識
(身体を動かす時に力が入る場所、外側から指でポイントを意識付け)
 日頃の行動でも丹田を意識している人は、側から見ると違いがわかる
 (歩行時、話す時)
 単純に腹式呼吸でお腹を膨らませるだけでは、十分といえないのは何故?
 磯貝メソッドで丹田呼吸に重点を置く意味は? 
 ―腹式でお腹だけを膨らませると腹部が固くなり喉が締まってしまう。
  丹田を意識すると、息や声のささえができる―
 丹田出し入れ時―お腹に力を入れて力んではいけない。
 
 ○丹田呼吸1ー丹田出し入れ
   横隔膜を意識ー横隔膜を下げて、そのままできるだけキープする
 ○丹田入れ吸気―横隔膜の位置、感覚をつかむ
   横隔膜の意識がない人は、声のことがわからない。
  
  呼吸以外で横隔膜を使う場合
   「笑う」「力む」「咳をする」「吐く」
 
 ○上腹筋の丹田運動
  剣状突起(胸骨の下端に付いている突起、みぞおち部分にある)
  腱画ー通常3本

  丹田を少し中に入れて、上腹筋を張る(腱画の真ん中あたり)
  背筋も使われ支えている。
  ―強い音(ストレートに飛ばす)時に有効。息をツブで出す感覚

  丹田呼吸と胸郭まわりの呼吸は併用できない。
  
 
 ◆本日の語録
  横隔膜を意識できない人は、声のことがわからない。

 ◆本日の感想
  今期、最初で最後の参加になったが、丹田呼吸について分かりやすく
  まとめられていて、非常に参考になった。
  また横隔膜の意識があまり出来ていなかったので、生活の中で
  意識していきたい。
 
 
関連記事