FC2ブログ

歌発声はじめて(1/20)                            《音楽系》

1/20(金)歌発声はじめて

[1]ストレッチ(各自)
[2]講座(磯貝講師)
  1)歌における言葉について
    ・日本語の5つの母音を続けながら正確に出す
    ・歌詞を目と口で読んでいる時と、頭と目と口で読んでいる時とで
     その違いをはっきりわかること
    ・読み方 ①字読み
         ②頭読み
         ③しゃべり
      上記の3つのパターンで歌詞を読む(「花」「ペチカ」)。相手に向って言う。
      ②の頭読みは、頭で理解したもの(イメージ)を口から字にもどす。
      ①、②、③の3つの段階を理解していないと歌は歌えない
    ・音符を「う」で歌う
      音・リズムを間違えるということは、言葉を間違えることと同じである
      ことばの強さ、スピード感、明暗は頭読みをしないと棒歌いになる
    ・母音だけで歌う
      歌詞を母音だけで歌い、言葉をうまくつなげる
    ・構音をしていく
      音が口の中で動く
    ・歌う前に口の型をつくる。ポジションを作ってラクをする
  2)テキスト
    ・「花」 3人ずつグループで歌う
         1人ずつ細かい音符を正しく歌う
        ・子音はしっかり作る。口の中の音の位置をしっかりつくることで、歌いやすくなる。
         次のポジションに向って、もって行こうとすると口を早くつくることができる。
    ・「ペチカ」 言葉さばきでイメージを作っていく
    ・「浜辺の歌」 “音のイメージ”ことばの音をイマジネイトする
             歌を歌うときの難しさは助詞である

 ◆本日の磯貝語録:“音のイメージ”は言葉を使う人間にとっての教養である
関連記事