FC2ブログ

ヴォイストレーニング・夜ジム(7/17)

■ストレッチング(全体)
・手足ぶらぶら、悪いものを外に出す
・手を組んで上に伸びる
・首(後ろ、後ろひねり、前、前ひねり、左、右、首回し)
  盆の窪を中心に頭を揺する、頭蓋骨だけを動かす、首・肩ゆるめて
・鳩尾の高さの脇に手を当てて胸部だけを前後左右に動かす、斜め対角に、中心から8方向に順に動かす、8点をまわる
・膝をゆるめて鼠径部周辺を強めにさする、なでる
  鼠径部中心に腰の旋回、腰の動きに連動して全身も動かす、どこも固めないように
・股割り、肩入れ、バウンド、膝を肘につけてバウンド
・2人組で1人は仰向け、足首を持って左右に揺する、寝ている人は力を抜いて全身が揺れると良い、寝ている人は相手に体を委ねる、小刻みに揺らす

■レッスンメニュー(各自)
・Bさん
  前回練習のロングトーン練習(椅子座位)
  少し低めの声で、
  "oーーー"
  "aーーー"
  "uーーー"
  〈注〉鼻に抜けない音、上に割れない音、前に吹きすぎない音、口と喉を響かせるように
  以前行った有声音で「スゥー」をやってみる
  ※舌が細く奥に入れるようになると良い、いまはまだ平舌で下顎にくっついている

・Dさん
  ①前回の①②の繰り返し
  ②あぐら、腰立て、丹田呼吸→鼻のみ、呼気は丹田に手のひらを置き、そこに響かせるように低めの声「オー」の発声
  〈注〉喉を下ろし開け、喉より下、胸の響きをつけること、口鳴りだと息がすぐなくなる、やり過ぎると嗄れる
  四股踏みのときは重心の移動を意識する、腰を立てたまま
  低く強い音のとき喉の直鳴りをしがちなのでなるべく鳴りより響きを

・Eさん
  前回の復習
  ⑴-1) 鼻呼吸練習→呼気を口を閉じ、ハミングで「ウーン」で
  ⑴-2) 丹田呼吸→上記同様
  ⑵ 1)2)3)4)の繰り返し、口を奥深く開け、「アー、ア、ア」と声を出しながら行う
  〈注〉丹田をしっかり使わないと声はしっかりしない、首に力を入れない
  四足立ち呼吸のとき、手のひら全体に体重をのせられる姿勢をみつける
  ハミングは自分が出して気分のいい声を出す
  四足に体重が分散する立ち方、丹田、鼠径部の意識
  口から前に出たときと、口の奥を使えたときの違いを自分で聞けるように

・Fさん
  前回ハミング練習の復習
  〈注〉首に余分な力をためない、特に頚椎と頭蓋骨の付着部に力をためず、その高さの音を振動させる
  頭蓋骨の付け根を響かせるハミング
  マスクを響かせるハミング(前頭音)
  眉間より上での発声(頭音)
  それぞれの違いを実感する
  『今昔物語』朗読
  ①軽く明るい声でゆっくりと
  ②背の高いところに片手を当て、そこに響きを当てるように
  [しっかりと鼻が空いてくる、高めの明るい声]
関連記事