FC2ブログ

歌発声土曜(2012.7.14土)

講座テーマ「試演会」

[1]発声
◯ミゾオチに指当て
・「Vー」上歯を下口唇にひっかけるようにして。
・「Zー」上下歯合わせ、上歯根元に向って息を吐く。
◯丹田…おへそから握りこぶし2個分下辺り
 丹田を指で押さえ、少しおしり後ろへ
 「Vー」「Zー」
♪「Ka」ソファミレド(スタッカート)
◯顔面に手当て、口は閉じたまま、鼻からイキを出す(声出して)。
 ↓ 顔面の響き感じて
♪ハミング ソ ファ# ソ ファ# ソ ファ ミ レ ド(滑らかに)
 ※鼻から上に向かって、眉の間くらいまでの響き感じて。
♪「Ma」ドレドレドレドレドー
♪リップトリル (上から)ドソミドミソドソミドミソドソミド(早く)
 ※自分でマッサージ
[2]伴奏合わせ
[3]試演会 (サ=さとうきび畑、ス=すべての山に登れ)
 ①Aさん(サ) ②Bさん(サ) ③Cさん(サ) ④Dさん(ス)
[4]歌の翼(全員で)
◯「O(オ)」の母音で1番
・最初の上行でノドが上がってしまう。
・「オ」を作ったところでキープする。段々、口の中が拡がってきてします。
◯「I(イ)」の母音で2番
・高音は軽いと思うこと。そして、息を流す。
◯「リップトリル」で3番
・ずっと息でノドをマッサージし続けている感じで。
[5]感想・講評
・Bさん:「フニクリフニクラ」をたいへん楽しくできた。「さとうきび畑」は歌ってみたい曲だったので良かった。今までただ声出していたが、歌でも表現を意識できた。
・講師:言葉作るときに、表現しようとし過ぎたか? 響きとのバランスがとれると良い。
・Cさん:普段歌わないような歌を歌えた。演劇をやっているが歌も共通点があるのかなと思いながらやっていた。
・Aさん:「さとうきび畑」日本語は難しかったと気づいた。
・Dさん:「すべての山に登れ」以前は歌えないと思っていた曲。歌いきれたのが嬉しかった。
・ピアニスト:歌手の緊張がダイレクトに伝わってくるので、がんばれと思った。フニクリフニクラで結束が固まり楽しい期でした。
・講師:今日は、本番とリハーサル違っていた。みんな本番が良かった。本番では、空間の音を聴けたのではないかと思う。はじめは、自分の内側の声を聴いてしまうが、外側の音聴けるようになると上手くなる。やはり、筋肉なので使わないと退化する。歌い続けることが大切。神様から頂いた『声を発する』ということ。
◆本日の感想
1人で歌うのは、とても緊張しました。普段私が聴かない歌わない新しい曲に取り組めた事はとても新鮮でした。
関連記事