FC2ブログ

歌発声土曜(6/16)

講座テーマ「ポピュラーソング②」

[1]課題曲歌唱
<♪すべての山に登れ>(青木先生)
◯「Ya」音復習
・Bメロ「かけるゆめ『を』」のところ、下アゴ動き続ける感じで。
 ※固い板ガムを噛んでいる感じ。
・高音に向かうところ「その手伸ばして」
 ※両手指組んで、頭後ろへ。この手に頭預ける。
  頭の長さ、背骨の長さ感じて。高音のとき、ヒジ横に伸ばす。
 ※下は厚みがあって長いもの。押しつけてしまうとすごくテンションかかってします。いつも「フンワリ」と。
  日本語は母音で伸ばす。母音で伸ばしているときは、舌先は下歯茎に軽く付けている。
◯歌詞で
・「え(E)」で伸ばすこと多い。
 ①舌先前 ②口は『縦』に突き出す ③ほほ骨、マスクのところ(目・鼻)
・最後の高音…「両手組み手で頭支える」→ ヒジ後ろへ。
 身体を使うようになる。
<♪さとうきび畑>
◯「ざわわ」が弱い。ローマ字で感じる「Zawawa Zawawa」
◯言葉、フレーズのはじめが聞こえない。
 ※歯茎(口唇と歯の間)をなめてみる。
 ※上下歯合わせ  横へ口唇開く ←→ 口唇前へ突き出す
 ※口唇突き出したまま、グルッとまわす(歯離れて良い)
 ↑この位、口唇使ってしゃべる
 歌詞読み
◯全体的に音が下がる(暗い)
◯「夏のひざ『し』 ←高音の「i」で伸ばすところ、上下歯1本指入る位開ける。
◯「さとう『き』び」、「とおりぬ『け』る」…音が上にとぶところ軽く出す。
◯<8番>「お父さんどこにいるの?おぼれてしまいそう」
 楽譜3回メロディー繰り返し。(楽譜に表記無い為)
◯こめかみに掌当てて、そこからまっすぐ前へ響く。
 頭蓋骨の響きを感じて。
<♪歌の翼>
※イスに浅めにかけて、股関節閉まらないよう、ほんの少し座骨を後ろへ。アンダーバスト両脇に手当てて。
※少し首を揺らしてみても良い。
◯「Ya」3番(立位で/背骨長く)
※こめかみに掌当て、少し上に引っぱる感じで。頭蓋骨の響き感じて。
・最後のリズム注意:1(強) 2 3 2(強) 2 3 を感じている。
◯歌詞で(3番)
 最後、「はてぬ(V)くにへ」ブレスして良い。
◯1番から歌詞で。
◯2番のリズム「い『そ』ぎて」ここだけ付点リズムにする。
《個人レッスン》
・Aさん:鼻にイキを通す。リップトリル(ノドが変になったときは有効です。)
 足裏からリズム(1(強) 2 3 2(強) 2 3)にのって揺れて歌う。
 腰がロックしている。雲の上に乗っているつもり位、足裏は柔らかくしておく。
・Bさん:リップトリルで。コメカミ感じて。
 一定の呼気圧で、その中で音程をとっていく練習をすると良いでしょう。

☆試演会について(「フニクリフニクラ」以外の3曲より1曲選択)
※試演会候補曲を歌う。
<♪さとうきび畑> Aさん・Bさん・Cさん・Dさん
・音が低くなってくる。コメカミ(頭蓋骨の響き)意識して。
<♪すべての山に登れ> Eさん
・「O」が横に広がってしまう。「かけるゆめ『を』」
 両ほほに手当て、縦口に。胴長いまま、ヒザは楽に。
<♪歌の翼> Fさん
※テンポ軽くします。
・一生懸命歌い過ぎる。テンポが遅くなる。間奏の間に鎖骨まわりゆるめる。

◆本日の『磯貝』語録 → 本日の『青木』相談室
Q:高音のとき、首後ろがロックされてします。
A:首を少し横に、倒したり・向いたり、少し変えてやる。個々に癖がある。使っていない筋肉がある。
 「鎖骨の長さ」
◆本日の感想
講師の指導で、毎回リラックスし、喉を開け歌える状態をつくってもらう。この作業を各自で少しでも、作り出せるようになるとそれは素晴らしい事だと思う。
関連記事