FC2ブログ

歌発声土曜(6/2)

講座テーマ「ポピュラーソング①」

[1]準備
①Aさん
②磯貝塾長(イスに座って柔軟)
 ・肩甲骨開く(手組前へ。後ろで組んで。)
 ・首
 ・肩
しゃべりと歌の言葉の位置は少し違うことがわかってきた。
歌の声は『響く声』をつくらなければならない。
歌と言葉はつながっている。
☆歌の言葉の実感が必要
 ・舌で口の中(上側)をなめてみる。前から奥(軟口蓋)へ。
 ・上アゴを舌ではじく。
 ・「アー」で、上アゴに息を吹きかける。
☆歌では、決められた音を出さなければならない。
 ・音楽では、自分の出した音に責任を持つこと。自分の出した音をチェックできること。
◯音の出所(一つはミゾオチ) → 上アゴ(幅狭く)
◯上アゴの歯茎のところが一番良い音が出る。
☆外側に出ている音を聴く(「なんとなく」の感覚。薄皮一枚の違い)
◯手を前に出して、音(響き)を外へ誘導してやる。そこから、更に前へ。
[2]課題曲歌唱
<♪フニクリフニクラ>
◯「フニクリフニクラ」ひらがなの音にならない。これはカタカナ。
 ・横に広げ過ぎない。 ・「ラ」落ちない。
◯「ゆこう ゆこう」
 ・小さく細かく(舌の先だけで) ・音調落とさない。
◯「だれものる?」上アゴで。
☆音楽(前奏)聴こえたら、身体動くはず、歌いたい人は。
◯「みんな みんな」半分以上、鼻から。
◯「みえるよ」の「え」 しゃべり言葉ではだめ。舌脇真ん中くらい。
◯「かがやく かがやく ゆこう?」
 ・2回目の「かがやく」で上に上がっておく。
<♪さとうきび畑>(1、2、8、11番の歌詞で)
 ※8番はメロディー注意:楽譜に無い為、繰り返しあり。
◯哀愁あるメロディー(ざわわ ざわわ)、なんとなくだと落ちてしまう。
 いろんな風景を「ざわわ」で表現しなくてはならない。
 もっと明るく、元気な音。
 イントネーション:ざわわ → 「ざ」より「わわ」の方が高い。
◯鳴った音をおでこまでもってくる。
◯フレーズの最後、抜けない。音楽の要求する音を出す。
◯「ざわわ」…オノマトペ
 日本語にしない。もっとコンパクトで良い音。ここで音をガラッと変える。息は止めない、次へ次へつなげていく。
◯「このかなしみは」自分の中に落とさない。外へ前へ出すこと。
 響きが続くから、聴いている人は「消えない」んだなと思う。
◯音のアップダウン激しいところはノド動かさない。(胴回りでやる)
<♪すべての山に登れ(サウンドオブミュージックより)>(青木先生)
◯音取り(歌詞で)
☆ゆったりした曲だが、重くなるときついので、「歩き続ける」
◎上アゴから上でしゃべる。
◯1音に2音節入るところ、2音節目しっかり出す「すべ」「にじ」「その」の後ろの音。
◯「Climb ev'ry」落ちない、上アゴで。
◯その場足踏みで。(つま先つけていて良い。足首軟らかく。カカト)
◯「見つけ(V)なさい」ブレスとって良い。たっぷり吸って。
◯最後2カッコは、下の音(1カッコ)でも良い。
◯「Ya」で。
・「見つけ V なさい」
 ブレスの後(吸って)、出す瞬間にわずかに重心移動する。
◯上アゴにのせたところで、歌詞読み。上に向かって。
◯「愛のすべて」母音、歌のときは、息流して。
◯音の厚みがある曲。この中で歌う自分の声は『どんな音?』(イメージを)

◆本日の『磯貝』語録
その音が正確に出ていて、聴いている人が良くわかること。
(自分の実感はいらない、響きをとらへる事を常態化すること)
◆本日の感想
二週間空くということが、こんなにこたえるとは思わなかった。ノレない、鳴らない、ひびかない、その上聞けない。こんな時は何をしたら良いのか。いままでいったい何をしていたのか、才能がないとはつらい事だと又実感した。
関連記事