FC2ブログ

歌発声土曜(2/18)

講座テーマ「自選曲を楽しむ④」

[1]発声
♪「Ba」ソソファファミミレレドド
◯鼻からもずっと息が出続けていること。(切れ切れにならないように)
◯頬に指1本分入るスペース。
☆準備:鼻0口(0おでこまで)を両手で包んで、手全体が振動するくらいハミング。
「Ma」ドドシラソファミレドドドド、ハミング(上から下へ)、ドドシラ0、ハミング の繰り返し。
「Ya」①ドミソドドドソミドドド ②ドソミドソミドミソドソミド
   (間にハミング(上から下へ)入れて、すぐ次(1度上げパターン)へ)
[2]コンコーネ8番
◯今のハミングで。
◯「Ya」八分音符で動くところ
☆「アゴ柔らかく、舌の根元押しつけていない状態」になれるアゴの位置、頭の状態を見つける。
※自分の首にテンションの無い状態。
[3]個人レッスン
◯Aさん:「Time to say Goodbye」
・最初のRubato…タメを作って良い。
・「Comme V Comme」V…ブレスする
・練習番号B:しゃべる 0 練習番号Cへの入り。
・ブレスの瞬間に、身体できちんと息を吸うこと意識して。吸うためには、息を使わなければならない。伸ばしている音の間に、次へ息を流していくこと。縦口。
・アリアの最後、音を解き放って。0しゃべり「Comme V Comme」V…ブレスとる。
・最後のところaccel.かけて(早くしていく)。豊かに、苦しいところに入っていかない。
・転調のところは、なにげなくいきたい。エネルギーを身体に充満させておきたい。
◯Bさん:「いつも何度でも」
・音が鼻まで上がってきた分、鼻声になる。→口を開けること、奥歯に指1本分。口は前に突き出して良い。
・音上がるところ軽く。
・首を立てると、お腹が動いてくる。(自力でがんばろう!)
・最後「ルールルルー」で続ける。1音下がるところきちんと下がる。
 ルンルン V シド(ルルルールルルー) V…ブレスとる
◯Cさん:「What I did for LOVE」(風邪のためあまり声出ない)
・「Ya」縦口
・息吐く「Shーー」両手で両肩抱え、少し背丸めヒザ曲げ、首楽に。
 息吸う時、背骨両脇に入る。
・肋骨周り動き、横隔膜も上がる。
 息吸う時、骨盤が前に動いてしまう。(札:お腹を前に出す事に意識がいっていた。)
 「そのまま」の状態(前に出さないように)を保つと、肋骨周り動き、横隔膜上がる。
・「リップトリル」で。
・入り口として「鼻と口」開ける。
 今は、口で吸って良いので、軟口蓋上げ、鼻開けると息は入ってくる。
・頭は「赤べこ」のイメージで。首のつけ根が柔らかく、鎖骨周りも柔らかく。仕事をするのは肋骨周り。
◯1人ずつ通し
・三名とも:自分が何を歌っているのか、歌詞を明確にわかっておくこと。わかっていれば、あとは自然に起こってくるので。

◆本日の『青木』語録
自分が何を歌っているのか、歌詞を明確にわかっておくこと。

◆本日の感想
今日は、いつこの方と違うピアニストの伴奏でした。ピアニストが変わると音楽が変わるんだなと実感しました。
関連記事
Theme: クラシック | Genre: 音楽