FC2ブログ

歌発声土曜(9/8)

講座テーマ「コーラスシリーズ① ふるさと」

[1]準備(柔軟)青木講師
◯ネコのポーズ:胴回りをまわす
◯ヒザの裏側を伸ばす(無理しない、1mmでも良い)
◯ほぐす:前傾姿勢でヒザ柔らかく。
     背側腰回りからヒザ軽くたたく。
◯「アー」と声出しながら「腰回り」さする。
 ※腰回りの感覚大切です。

[2]発声
◯アンダーバストの高さ、脇に手当て。
 鼻からしっかり息吸って「Shーーー」と吐く。
◯鼻・口一緒に開けて、静かに息を吸う。
 息が入ったという感覚を感じてから「Shーーー」と吐く。
★声は息の楽器。
 身体が呼吸しやすい状態にする。
◯リップトリル
 ※口角に手当てたり、掌で持ち上げたりして
 『口唇を柔らかく使えるところ見つける』
♪リップトリル(ソファミレド)
 ※毎回、音をさせずにブレスすることを意識する。
♪Pa(ソファミレド) 舌先、歯根元につけたまま。
◯耳の穴のちょっと前、口を開けるとここが開く。
 ここからアゴの動きが始まる(顎関節)
◯頭頂
◯首と頭蓋骨のつなぎ目に、両手組みで手当て、軽く支える。
 左右の肩甲骨近づけて。
♪Pa(ゆっくりスタカートで/ドソミド)
♪Ma(ドレミレドレミレド)
 ※アゴ…耳穴少し前のところ感じて。
◯鼻を手で触って「鼻からイキを出す」。両鼻から出す。
◯鼻を手で触って、口を閉じて、鼻から出す。
※舌のつけ根に力入れて邪魔しない。
♪No(いちいち上アゴに舌つけてから/ドドシラソファミレドドドドド)

[3]課題曲歌唱
♪ふるさと(全パート歌えるようにします。)
◯メロディーを歌詞で
◯メロディーを「Ya ヤ」で。
※顎関節の穴に手当て、アゴ左右に動かす。
 手でほぐす:アゴ全体→アゴ先端→舌つけ根(舌先を出して)
 →穴から後ろ首へ→盆の窪
 手をはずして、首まわりを柔らかく動かす。
※「穴」のスペース感じながら「Ya」で。
 抜くことでなく「穴」からアゴが動いているか。
 ここから動かすと縦に開く。ちゃんと「Ya」を言おうとする。
 →必要に応じて、必要なだけ開けるようになる。
◯歌詞で
 腰の周りをさすりながら、しゃべる。→身体に信号が行っている。
 ※一発目からとても良い声が出ました(青木先生)
★意識を違うところにもっていくと、覚えやすかったりします。
◯パート2の音取り
◯パート2・3に歌詞入れ。
◯2・3パートで合わせ。
◯全パートで合わせ。

◆本日の『磯貝』語録
お休み

◆本日の感想
お休み
関連記事
Theme: クラシック | Genre: 音楽