FC2ブログ

ヴォイストレーニング・夜ジム(12/13)

■ストレッチング(全体)

■試演会
Aさん
「オオカミの大しくじり」川崎大治
講評
「今のままなら全部一緒になる。
 やり始めると軽い。溜める事が重要。
 しぶといのは良いことだ。」
「タイトルで浮いてしまったかな。腹を据えてタイトルを。
 どれだけ迷っても自信満々でやってください。」
「ぶち壊すくらいのものが見たい。
 重みのあるAさんが見たかった。」

Bさん
「なんにもない」谷川俊太郎
講評
「ひとつひとつやることで母音“ア”がよくなってきました。
 積み重ねです。」
「響かせることによって言葉を出す、つかめてきている。
 その先を目指すと良いと思います。
 息の漏れなど直していきましょう。」
「声帯が閉じるようになってきた。
 高い声が出せるようにつかむこと。」

Cさん
「俳句一句、和歌二種」
講評
「期間がなくともそれに取り掛かることにより力をつけること。
 詠う時はしゃべりの音調より高く意識して出すと良い。
 芸事に対する貪欲さが必要。
 助詞を捨てないこと。」
「練習の時より声が大きく出ていた。
 練習の時から声を出していった方が良くなる。
 歌の時はしゃべりより声が出ていました。」
「緊張度は伝わってきた。
 重心を下ろすとほぐれるのでストレッチの方法など参考に。
 歌をしゃべりに生かせるように。」

Dさん
「蜘蛛の糸」芥川龍之介
講評
「こもる声が多少取れてきた。
 もっと重心を落とした声が聞きたかった。」
「自分が陥りやすい読み方に気づけたかなと。そしてそこから先。
 基礎は一音一音しっかりと。」
「読む、言葉の音を出す。
 楽しんでいない。やろうとすることを必死になっている。
 今は少しずつ段階的に良くなっているけど、そのままではよくならない。
 もっと貪欲にならないと。」

Fさん
「私が一番きれいだった時」茨木のり子
講評
「練習の時からもっとアグレッシブに。
 内容からしてもっとよくなれると思います。」
「読み、出の音と最後の音を気をつけて出していたところが良かった。」
「明るい声を掴むということ。口跡がまだ甘い。
 語るということをこれから考えていってください。」

Gさん
「伯母殺し」ヴェーデキント
講評
「声がしっかりしてきた。
 奥歯をしっかり噛んで出すことは掴む。
 意味がうつろ。声は意味なんだ。」
「出始めは早かった。
 言葉流れ気味。途中からよくなった。
 自分を整えてから。」
「声がしっかりしてきた。驚いた。
 その先を目指す。」

Hさん
詩吟「修養」
講評
「自分の人生の中で後何回本番が出来るのか。
 その一回一回をしっかりと。
 終わった時、失敗したからといって逃げない。」
「口から吐き捨てないようにしようとする意識が見れて良かった。
 支えが必要ですね。」
「まだやれることがあるので、がんばって。
 音を楽しんで出した時のやり方で本番ができたら。」
関連記事