FC2ブログ

講座テーマ「試演会」

[1]準備:磯貝塾長
◯ハミング
・声帯の前(Vになっている前)で。
・鼻中隔、真ん中に集めようとして。
・口を動かしながら。
◯「イ エ ア」ソミド
※背〜腰、内もも、腕を動かしながら、ノド柔らかくする。
◯「Ma」
・ドミソドソミド 浮かせ過ぎない。もっと高いところから狙う。
・ソミド<レガートで> ※横に広げない、縦口

[2]課題曲歌唱
♪ふるさと(3声)
♪野ばら
◯パートⅠ Aさん
・「あ」かず →口をもっと『開けて』。
・くれない「におう」 →『つなげて』。『ノド奥』のところで。
◯パートⅢ Bさん
・腹に向かって。楽しない。口でなくノドで。
・「そ」のいろ →ここを歌っているとき位、他でも『ノド下げて』
・一言ごとに切れない。
♪きよしこの夜
◯パートⅠ Aさん
・ねむ「り」→息出し過ぎない。
 た「もう」→ノド動かさない。歯を開ける、腹をヘコませて。
☆腹〜内またを使って、横隔膜をノドに近づける。
☆「腹筋動かす」為に背筋を使う。
◯パートⅢ Bさん
・ノド下げる。歌うときは、「ノドに任せる」。
・肋骨支える(抜かない)。
・ゆめ「やす」く →ノドもっと掘る。
☆前に出すと音なくなる。
 『奥歯で噛みしめるように』歌う。+肋骨支え忘れない。
☆鼻ブレスで。
◯3声で。
☆☆二人とも、ブレス深過ぎる。胸の上の方だけに、グラス1杯分で良い。
  『においを嗅ぐように』次の音楽を鼻で吸い込むようにする。
♪ふるさと
◯パートⅢ Bさん
・脇の下を使う。ノド下げたまま。高くなるところ、胸のところ、広げずせまくする。
◯パートⅠ Aさん
・恥骨〜横隔膜までチャック。背骨の両脇も中央に、この塩梅。
 息吸うときは背骨上の方ちょっと開く。
 おしりも中央に寄せちょっと上げる。
◯3番まで、毎回新鮮に。見えている景色は違うはず。
◯「ゆめはいまも~」メロディーのうねり感じて。
♪野バラ

[3]感想と講評
◯Bさん:歌いやすくなったが、周りの声が聴こえなくなった。
(今までは自分の声、聴いていなかったということ:磯貝先生)
◯Aさん:今までのアンサンブルは、自分だけでいっぱいだったが、
     今回全てのパートを音取りしたので、他のパートも聴けるようになった。
◯磯貝先生(講評)
独立して下さい。歌でも仕事でも、一人で出来るようになり。その人達が集まれば、アンサンブルは出来る。
一人でちゃんと歌えるようになって下さい。

◆本日の『磯貝』語録
演奏:身体がやりたがる。

◆本日の感想
今期はアンサンブルでした。三部で合わせるためには、1人1人の力が付いて来たということですネ!
今日の最終パフォーマンスは、とても良い気持のハーモニーが出来ました。
関連記事