FC2ブログ

歌発声土曜(6/8)

[1]準備(青木講師)
◯顔筋をほぐす。
・上下歯の間〜鼻根~顔全体~舌根。口腔内を舐める〜口唇(横へ、前へ
 突き出す) 〜首後ろ(頭蓋骨の底辺)底辺から上を回す(下と切り離す感じで)
◯ハミングしながら、身体を軽く叩く。
 鎖骨~背面~骨盤周り~足(アクビしたくなったら、する)

[2]発声
♪ハミング(ソファミレド)
・舌を軽く噛んで、鼻根(鼻の中心線)に響かせる。
・口閉じて、鼻先を連続して触りながら(鼻先引っぱるように)。
♪「Pa」(ド ソ ミ ド:スタカート)※舌先、舌歯茎につけて。
♪「Ka」(ソソファファ ミミレレ ドドドド ド)※下アゴに手沿え、
 動き感じて。
◯リップトリル
♪「Ya」(ドソミドソミド:ゆっくりめ)※音の幅をしっかりと感じて。
 下アゴ柔らかく。
♪「Ge」(ドドド ドソミ ドドド ド)
 ※ひとつずつ、しゃべっているように。
 口の中は準備しておく。
♪「Ge」(ドミソ ドソミ ド)「ソド」少し音程広がる(4度)
 、口の中感じておく。
◯「伸び(首固くしない、アゴも軟らかく)」これを使って、高音のとき。

[3]課題曲歌唱
♪Caro mio ben
※上下歯の間(始めにほぐしたところ)に軽く手を沿えて。横口防止の為。
「A」で音復習。
◯鼻根をさする。鼻三角に手当て、今度はここの響きを感じながら。
◯楽譜見ても良いが、カブリつかず、『その周りの空間を把握しながら』
◯口の中はいつも柔らかく。どこかを固めてしまわない。
◯3段目4小節「ラレ」4度(幅広い)、準備を。
◯4段目〜クレッシェンドのところ、鳩尾〜丹田のところ上下に
 撫でながら。
 『身体にまかせる』
◯鳩尾に両手指置き、そこを突き出すように「Sh, sh, shー」
◯アンダーバスト(脇)に手当て、「Shーーー」。
 背面も感じて(使って)「Na」で。

♪夏は来ぬ(5番まで)
◯歌の2小節目…音は当たっているが、音符が見え過ぎてしまう。
◯体育座りの少し足伸ばした状態で、前後に歩きながら「Ya」で。
 (骨盤しっかり立って) ・2番まで歌詞で。
◯一人ずつ(1・2・5番で)
・S:鼻舌に人差し指を置いて、①歌詞読み②歌う。
 これだと鼻声にならず、きちんと響きに変換される。
・T:骨盤歩きで、全身使って歩く。首固まらない。
 目をしっかり開けて、自分の外の音を聴く(自分の前のスペース)。
 空間に音を放っていく。
 (自分の出した音、出てから判断しても遅いのだから)
・O:身体を使えると良いです。
 <予備運動>
・横向きで、下の肘(腕)を支えに骨盤持ち上げる。
・肩甲骨回す。
・前屈ダラーンと、ゆっくり起きてくる。

♪からたちの花
◯全員で歌う。
 ※自然に身体動いていた。身体使おうとすると動くものです。OK!
◯歌詞読み(始めから暗くなってしまう。暗い歌ではない。)
◯テヌートなど付いたところ、どう歌う?
◯最初、入りが重くならない。
◯作曲者が音楽の指示を細かくしている。これは良く見ておくこと。
 「PPP」←あまり見ない記号。
  これは、よほど何かして欲しいということ。

♪Caro mio ben
◯歌詞読み(復習)
◯2頁1段2小節のブレス del, V Tan-to 一瞬、パッとイキ入ってくる。
 2頁2段1小節のブレス Tan-to V ri-gor あまり間を開け過ぎない。
◯一人ずつ
※装飾音の入れ方
・2頁3段2小節 Ca - - カァァ
  (装飾1音目で「Ca」を言ってしまい、aで伸ばす)
・2頁3段3小節 Cu - re クゥレ
  (装飾2音を「Cu:ウをちょっと入れてしまう」) 

◆本日の磯貝語録
お休み
関連記事