FC2ブログ

歌発声土曜(6/22)

講座テーマ「レガートという歌い方」

[1]準備(磯貝塾長)
◯ハミング
 ・鎖骨響かせる ①中央寄り ②外側 →今日出る最低音
 ・アゴのど真ん中
 ・人中(鼻の穴を感じる→鼻からイキが出ている)
 ☆肋骨→支え、 腹→バネ
 ☆イキは、入れ過ぎると損!わずか入れて、わずか出す。
  肺の先端に入れる(そんなに入らない)
  
[2]課題曲歌唱(青木先生)
♪Caro mio ben
◯「A」で。
・動きながら(歩きながら、足上げる等)。イキ動かす。
・半音上げて<Edur>…鼻根より上へ響きを。
※最後の Snza di te …落ちてくると、再度上がるのたいへんに、
           上の響きのままで。
☆上下歯の間を指関節でグリグリ。リップトリル。

◯発声予備練習
♪「Pa」ド・ソ・ミ・ド(スタカート)…口の中、鼻の中も準備。
♪「Ka」ソソファファミミレレドド…舌先は歯につけていてOK、奥舌を動かして。
 ※身体の支え=胸落とさないで、首は楽に。
♪鼻三角に響かせる「ハミング」ソ ♯ファ ソ ♯ファ ソ ファ ミ レ ド
♪「No」ドドド ドソミ ドドド ド(鼻三角の響きと肺尖の支えで)
♪「Ba」ど・ド・ど・ド・ど(スタカート)…キャッチボールと同じ。
                     オクターブの幅感覚をつかむ。

♪Caro mio ben
 ◯歌詞で。
 ◯「Me」で。
 ☆鼻三角感じながら、縦の感覚。
◯歌詞になると響きが落ちてくる。いかに響きを保つか。
♪夏は来ぬ
◯歌詞で。
♪からたちの花
 ◯In tempo でリズム確認。
 ◯2頁2段目「ないたよー」の音、少しおしゃれな音です。確認を。
◯一人ずつ
・S:予備練習:軽いリップトリル、小犬のようにハミング「フーン(上から下へ)」。
   先ほどの「ないたよー」の音程、伴奏のコードを感じて。
・B:予備:鼻先なでて「フンフンフン」。鼻下に指置いて鼻からイキを「フーン」。
   最後の「しろいしろい」の後のブレス準備して、「はなー」へ
   オクターブと思わないで(「はな」の音)。
・T:予備:鼻先なで「フンフンフン」。
 2頁3段に入るところ、伴奏タイで動かないが、不安にならずに行く(全員共通)。
◯全員で。
☆一人ずつ歌うと、皆テンポ感が違う。テンポ感が出ているということ、良いです。

◆本日の磯貝語録
呼吸は入れ過ぎると損!わずかに入れてわずかに出す。生きていくのも同じ。
◆本日の感想
歌を歌うのに、呼吸がこんなに大事とは思ってませんでした。
思った様に歌いたかったら、それに合った呼吸が出来ないと、うまくは歌えない事が
良くわかりました。奥が深いですネ!

関連記事