FC2ブログ

2013:ヴォイストレーニング・朝ジム(10/26)

2013:ヴォイストレーニング・朝ジム(10/26)

■IM身体法 (蔭山講師)

・首回りストレッチ(盆の窪、頸部をゆるめる、ほぐす、伸ばす)
・胸部回りストレッチ(肩甲骨を広げる、狭める、肋間筋を広げる)
・腰部回りストレッチ(ひねる)
・鼠径部回りストレッチ
・腸骨、仙骨、恥骨、旋回運動
・足踏み(重心の意識について:丹田の重心がずれないように片足を上げる。片足に重心をのせて、反対の足を上げて、落とす。上げる時と落とす時に重心がぶれないようにする。)
・床打ち(手の平に重心をのせる。丹田の意識を持ち、足を手に置き換えて連動させるようにする。)

■Bさん

10/24(木)ジムの実施内容

「夏の夜の夢」
1. 早読み
とにかく早く読む。自分のクセに戻らない。ひと息でつながるまで実施する。

2. 相手を決めて読む
対象を明確にして、そこへ出す。

○課題 (蔭山講師)
(1) 腹筋強化下肢運動
→ 各運動において丹田意識が弱い。日課として腹筋強化運動を行うように指示しました。
(2) 両手付き、脚前後 <注> (1)と(2)共 1脚づつ、声出しカウント
→ (1)と同様
(3) 50音読み上げ(イス座位)
→ 詰まらずに読めるようになった。下顎でしゃべる癖がある為、下顎を固定して、セリフの早読みを行った。
舌の運動性強化が必要
(4) テキスト「夏の夜の夢」(前回の10/24(木)の復習)
→ セリフをなんとなく読んでしまう。一言一言セリフの方向を決めるように指示。要練習。

■Dさん

○課題(蔭山講師・佐藤講師)
(1) 手掌で全身をこする。(立位)
→ 身体の循環を良くする。
(2) 直立成立からだんだんと「3T」→全身へ
→ 3T:腰、肩が貯まる。
(3) 胸式呼吸(鼻からゆっくり呼気)
→ 大きく、ゆっくりとした呼吸が行える。
(4) ハミング練習(口を閉じ、額・鼻に響く様に高い声で)
→ 実感の強い音になりやすい。響きの実感が不十分。
(5) テキスト読み「雪おんな」
  状況をしっかり声にして表現する。方角を決める。喉をつめない。柔らかい声で。胸に響く声で。
  言葉は丁寧にはっきりと。
→ 喉がつまりやすい。胸をたたきながら声を出すと、柔らかな胸声になった。
→ 「N」音が苦手。また自分の中に像を作ってしまう声になる為、自分の外に声をつくる意識をしてもらった。

■Fさん

○課題(佐藤講師)

(1) 開脚前屈+ひねり左右側屈(息を止めないで)
→ 全体的に体が固い印象です。伸ばしながら、呼吸を20秒以上止めないで、ゆっくりと身体を緩めるように指導しました。
(2) 呼吸運動[1]丹田出し入れ運動(イス座位)[2]丹田出し、鼻呼吸(ゆっくり落ち着いて)(イス座位)
→ 丹田の出し入れはOKです。丹田を出しておいて呼吸する。丹田を引いたまま呼吸する。丹田保持の実施。
(3) 膝折りスクワット 5~10分(立位、手振り)
→ スクワットは、5分 x 2セット実施。
(4) 椅子座位「イ」音ロングトーン。15秒から30秒(繰り返し)
→ 基本的に基音が暗め。丹田呼吸とロングトーンが結びついていない為、呼吸法を思い出しながら、やってもらったところ、「イ」の音が良くなった。
(5) 母音核音調音練習(1語ずつ丁寧にひびかせる。)
→ 「イ」「エ」を実施。舌の位置、舌骨、喉下げが課題。
  次回「オ」「ア」「ウ」の練習。声がやや低めのため、明るめを意識。舌の場所があいまいでした。
関連記事