FC2ブログ

2013:ヴォイストレーニング・朝ジム(11/2)

2013:ヴォイストレーニング・朝ジム(11/2)

[1]全国共通磯貝メソッド身体法

■IM身体法 (青島講師)

・手で身体全体を摩擦
・首回りストレッチ(盆の窪、頸部をゆるめる、ほぐす、伸ばす)
・側部のストレッチ(片手を上に反対側の手を下にひっぱる・横に倒して側腹を伸ばす)
・胸部回りストレッチ(肩甲骨を広げる、狭める、肋間筋を広げる)
・腰部回りストレッチ(ひねる)
・骨盤回り(腸骨・仙骨・恥骨)
・鼠径部回りストレッチ(股割り)
・長座(開脚・横伸ばし)
・坐骨歩き

たくさんある身体ストレッチから、やりながら自分に合ったストレッチを見つける事が大切です!



[2]磯貝先生から‘芸’についての話

‘芸’について、何故やるのか?
芸をすることは楽しい事、そして、上手くなると言う目標が出来ます。
自分の力で上手くなって行くことは面白い事で、この面白いと感じるのは脳の反応(ドーパミン)が関係しています。
脳に刺激が行くので、‘思う’なんて事を考えるよりも先に脳は反応しています。
芸とは、自分に何かおこるところを準備している事とも言えます。
何かする事に関して「大変だな」「なんだかよく分からない」とネガティブでとらえてしまうのは、芸的な考え方ではありません。
芸は閉じない事、脳が面白いと感じるところから、目標(上昇志向)が生まれ、お天道様(上)に向かっていくことができます。
脳が面白いと感じる=感性
どんな事をしていても、この、塾に来たら「私は芸をするんだ」と決めて行うことが大切です。
決めてやることで、発見が生まれます。

■本日の感想

Aさん - 明るく、明るくです。
Cさん - やわらかい声を出す事。開いていく事を感じました。
Dさん - やわらかい声が分かってきて面白くなってきた。
Eさん - 声をつくる事が面白くなってきました。
Fさん - 自分の身体の中を探るのがとても面白いと思った。

■Aさん
(1) 3T
(2) 丹田呼吸(“イ”で吐く)
(3) 胸部呼吸(明るめの“アー”15秒くらい)
(4) 前歯からS(噴射)の練習
(5) 口唇音(マ、パ、バ、ワ)(ミ、ピ、ビ、ワ)(ム、プ、ブ、ワ)(メ、ペ、ベ、ワ)(モ、ポ、ボ、ワ)発語練習
(6) ハミング(高めの明るい声)
(7) クリスマステキスト読み

--- 講師コメント ---
・胸部呼吸(低いのでポジションを上げて明るくする。)
・S噴射音は、顔でやらない。
・口唇音は、口だけでやらない。
・キャラクターごとに声を変える事。
・3Tは、自分で、閉じたり、止まっているところから逃れる様に
 ゆっくり、時間感覚を持ってやってみる事。


■Cさん
(1) 座位、両手上げ(片よ上)のまま50音練習(清音、拗音、濁音)
(2) 座位、手降ろしで、上肢、首、肩を脱力して50音練習(清音、拗音、濁音)
(3) うまくなるためのexercise
・一角、二角、三角、四角、五角、六角、七角、八角、九角の多角体です。
(聞く人が想像出来る様にハッキリと内容を読む)
(4) テキスト朗読「夢十夜」

--- 講師コメント ---
・両手バンザイは、肘を曲げても良いから下りないように上げる。
・イ段等、段読みの時は、ひと息で読むように
・濁音を前で吐きすぎ、拗音が粘りすぎ。
・(1)が良くなると(2)が良くなりやわらかい、穏やかな声になった。
・一角、二角…口の中で言いながら、一角のイメージを作りゆっくり出すように
・「」の中を、声や表現を変えて読むように指示


■Dさん
(1) 背面呼吸
(2) ハミング練習
(3) 『パン』『ピン』『ポン』を言いながら、かけあし練習(その場)
(4) 雪おんなテキスト読み(読みを磯貝先生が聞いてから、課題が出ます。)

--- 講師コメント ---
・背面から胸郭の上部呼吸(肺尖呼吸)をする。
 鼻から吸って、肺尖に入れて、なるべく長くゆるやかに吐く。
 高い呼吸の支えを覚える。(支え位置は頭の上、50cmぐらい)
・ファルセットを作る
・壁に手をつき、「ピン」「ポン」「パン」※膝とももを高く上げる。
・出す時は、肺尖呼吸、高い上の声で出し、鼻やおでこの共鳴をつける。
・テキスト読み高い声で(明るく、高く)

■Eさん
(1) 半開脚ストレッチ
(2) プッシュアップ
(3) プッシュアップ姿勢の腹式呼吸
(4) 3T
(5) サ行活舌用子音矯正テキストを読む
(6) ごん狐(立ちながら、手を使い読む)

--- 講師コメント ---
・半開脚ストレッチは、リズムをつけてやる事で、今までと違う身体の実感があったようです。カウントしながら行う事。
・腹式呼吸の時は、プッシュアップは深くさせないようにした。鼻から捨て、口から長い呼吸ではなく、やわらかい呼吸、固めない。
・3T (足首、膝を固めない、下半身を緩める。)
・真ん中(正中)を取って、左右に広げない。
・ごん狐(子どもに読むようにかわいらしく読まない、大人に読むようにしっかり読む。)

■Fさん
(1) 3T (ためない、とめない、とじない)
(2) 腹式呼吸(ひざ開きの正座、丹田に手を当てて呼吸)
(3) 開脚前屈(息を止めないで)
(4) 直線歩行(歩きながら、“イー”と言いながら、呼吸が止まったら歩きを止める。母音を言いながらブレスする。
(5) 母音の「オ」「ア」「ウ」
(6) 11/9に来る時に、自分の自己紹介 約200字を書いて持って来てもらい読んでもらいます。

--- 講師コメント ---
・3Tは母音を中心に、水の入った袋をイメージして行いました。
・腹式呼吸は出来ています。
・開脚は手を後ろについて骨盤をローリングさせるようにする
・母音の「ア」「オ」「ウ」に入る前に、鳴りが強くて、喉に負担がかかっているので
 先に、響きをとらえるメニューを、次回行う事

関連記事