FC2ブログ

正しい母音の作り方

活舌・発語グレードUP講座 9月24日(火)レッスンデータメモ

講座テーマ「正しい母音の作り方」
・よりよい会話とはどういうことか。
・認識には、音と意味と2つある。
・音声と意味の関係、シャープだが、やりにくい。
・語感・・・語意感、語音感(語音感のほうが大きいと考えている)
・語観ということばも出てきたが・・・。
・Aさんが話している時、文で思われる。しかし長い文ではない。

◎自動的に出している、考えたことはない(本人)、でも覚えている。
・脳発火のミニマムショックのところが、自分の意志。
日本ではゾーンのように感じるらしい(点ではなく)。
・起点があってことばをつくっていく。そうでないと繋がっていかない。
初めから繋がっているのではない。

・思考をする時、「あ、そうか」ということば、瞬間がことばを生む。
文章になってくると、AがA´になったような気がする。

・「思う」「気持ち」・・・起こすところの部分のこと。
・実際、どの程度、信頼度が高いかといえば、漠然としている。
・「瞬間認識」できているか→訓練でできる。
・その方法が確立されれば、もっと楽に出来るようになる。
◎意識の作業の焦点を定める。広げない。分散化はしない。どんどん的を絞る。
・ポイントで残ると、核に繋がる。起点になりやすい。
そのことばを起点とする。そのために、音声を使ってしまう。
・「認識過程」というのは、もっと物理的、シャープなのでは?
・漠然と分かるというより、もっとミニマム。
・広げたものを集約し、圧縮し、点化する。
その起点から広げていくのはいいが。
Aさん:集中力に関係している。経験にあわせて認識していく?
Sの世界から飛び出してくるような。

◎音声の違いで認識の違いが分かる(度合、質、状態)。
・音声が鮮明なら、認識もクリアであるといえるのでは?
◎音声・言語を鮮明にするには。
・舌が動けば動くほど、ぼんやりしてくる。きまらないと・・・。
・口のなかの容積の問題〈大きいほうが有利)。
・日本語は母音ことば 5つなのだからしっかりと、「イエアオウ」を正確にする。
‐情報を正確にするために、舌と、口の容積のつくりかたが重要(→発声・調音)
・音から認識でなく、字から認識している(現代日本人)
だから、まわりくどい下手な喋り方となる。
・膠着語、母音言葉、広い・・・ために、文の集中度が低い(母音をシャープにする)。
・俳句→受けたものを広げて認識できる。
広げすぎてしまうとぼやーとしてしまう。
◎平舌ではっきり喋ろうとするとおかしい。フォーカスがぼける。
そのため、言葉をたくさん使わないといけない。

演習‐テキストを読む、喋るの違い。
原稿を読んでもらう。
→喋り言葉として書いた。
→意味が分かると、自分なりの音声で読んでしまう。
・喋り言葉の脳でやれば、通じる。
・文字言語でやると、違うな・・・となる。
◎ネガティブセンス、ポジティブセンス どちらがでてくるか。
・自分で話している音声、それが暗いか、明るいか、それを気にしながら話すことができる。
◎ネガティブ音声‐喉の出力が低い。不鮮明。
ポジティブ音声‐息が下がり、出力増し、共鳴度が高く、伝達性が増す。

・反応を求める/生きるセンス/生きたエネルギーを感じる
・ポジティブ‐愛情(日本人はいやらしいと感じてしまうが、外国人には空気みたいなもの)
・ポジティブをわぁーと出しておけない文化。
注射のようにピューと出しておくならいいかなと・・・。
・出している間に、音で掴む(1/10から1/100sec単位)
そのためには、音(音声)はノドでしか出せない。ことばをノドへ戻す。
少し強く感じたら少し弱める。

◆本日の磯貝語録
ネガティブヴVOICEは、ネガティブな心でネガティブな言葉を選ぶ。
ポジティブな声は精神も、身体もポジティブを誘発する。
当然、ポジティブな言葉を選び話し出す。
◆本日の感想
ふだんさ喋る動作は無意識でやっていたが、言葉を改善するには
何を意識しなければならないかよく分かった。
あとはじっくり実行することだと思う。
関連記事