FC2ブログ

ことば表現実践メソッド(11/6)

講座テーマ「社会人のための言葉グレードアップ- 話し言葉の詞、辞、言葉」
担当講師 磯貝靖洋

【1】準備体操
 ①首-前後、左右に倒す、捻る…頸椎、頭部のジョイントほぐし
   言葉は中脳で聞いて、熱くなる。

 ○首を立て僧帽筋で固めて、脳の内部の働きを良くする。
  頭蓋骨を腕と肘で締め、肩も動かさず、腕で左右に捻る
 ○片手で頭部を反対方向に傾ける。もう片方の腕は下に伸ばす。
 ○頭部だけを(手を使わず)動かす。耳の後方、胸鎖乳突筋を
  動かすことで、頭部を軽く傾ける。
 *骨を中心に動かす事を意識する。

 ②丹田腹式呼吸
  反射の自由度が大きい方が良い-機能性が高い
 
 ③腰旋回ー腰回り…呼吸のささえとして重要である。
  ○仙骨を中心に動かす。
  ○腸骨を中心に動かす。
  ○恥骨旋回…膝を緩めた方が、動かしやすい。

  腰回り…呼吸のささえのポイントであり、精神面を落ち着かせる
      ために意識を低くし、下腹部まで下げる方が安定する。
      重心を下ろす。膝を抜いて上下に動かす。
      踵を上げ下げする。
      丹田が1ミリでも上がると、仙骨が固く締められる。
      違う呼吸のささえ箇所が下がると、酸素の循環率が
      大きくなる。

  ○椅子座位
   浅目に座り、上半身を前傾、坐骨を座面上にすりつけるように
   動かす。正座すると正中線が安定し落ち着く。思考が安定し集中する。
   人中を中心として上下のラインを整える。
   人中-丹田-恥骨-正座をすることで線が整う。
   和服で正座をすると一番決まる。

  ○正座…膝、腰、足首が締まっている。
      膝に片手をはさみ、手を抜いて締める。
      鼠頚部に手を挟み、前傾-戻して真直ぐに(軽くお辞儀の角度)
      この姿勢を保つ…安定し揺れることはない。小さく上体を動かす。
       脳圧、腹圧をかけない。
  ○片方の足を立て、上体を捻ねる。(腿からでん部にかけての筋肉のばし)
   立てた足の膝を押さえ、首を上に伸ばす。


【2】前回の復習「わかる言葉の活舌」―ことばと舌使い
   舌使いが悪い-発声がよくない。

  ○サ行-呼吸のささえがゆるむと、音が崩れる。
       一音だけで出しにくい人、音が連続する時に崩れる人
       個々によって、不得意がある。
    
  ○母音「イ」…内にこもる。強くすると息が出過ぎるケースがある。

  ○「イ」の調音点ー舌先で上の葉をを押すように弾く。上部の歯茎を弾く
  ○「ウ」…口唇を丸め過ぎると、子音がつきにくい
    ex 「ル」-歯の内側の音を響かせる。
          舌さばきで舌の位置が決まると音も良くなる。

【3】「声・言葉グセとチェック」
   ことばが正確な事は、声をしっかり出す事が重要。
  ○言葉の性格(変わるのもである)ー 声の出し方ではない。
   音声は変ったことも、周囲にも分かる。

  ◎「声が変わると、人格が変わる」

 (1)声グセを考える
  ◎低い声は、聞き取りにくい(本来的には)-『声の高低』
  ○TVのニュースを伝えるアナウンサーの声は、低めなだけで
   よい声を出せていない。(モノセックスの傾向がある)
  ○息を長く使えること-『息の長さ』
   日常のおしゃべりでは、フレーズが短い。
   息が短いと、集中にかける
  ○息が弱い-音圧が低い-『声の強さ』
  ○息が短いと声が小さい傾向にある。
  ○雑音、嗄声(喉の痛み、不調)ー『雑音性』
  ○『声のゆれ』…声帯異常の場合もある。
  ○『息もれ』…呼吸不全、鼻呼吸ができない。
   音声不全…IMメソッドによって改善率が高い

   改善のマイナス点 STに聴解力がない

  ○「言葉グセ」 呂律がまわらない。噛む、早口。
          ゆっくり呼吸することで改善に向かう。
  
  *磯貝メソッドテキスト使用

 (2)「話グセ」 間投詞「あ~」「え~」
          感動詞「ぼちぼち」「まあまあ」
          応答詞「はい」「うん」「おう」他
          終助詞「ね」「~よ」「わ」「だわ」
             「ペ」「ベー」「じゃ」「とか」
             「だ」「の~」「ですね~」
          疑問代名詞 「誰?」「どこ?」「何?」
          疑問形容詞 「きれい?」「おいしい?」
          疑問副詞 「そんなに?」「どれだけ?」

          疑問終助詞 
          伺い・諮る辞ー相手の心理的な態度や機能を推し諮る。
           「え~?」「だからー語尾上げ〉「~っていうか」
           「と言うか」「なんか~」

          接続詞ー心理心情的に、次につなぐ辞
           「だから」「それで」「で」「でー」「ですね」
           「だけどー」「ですよ」「~ですけれど」「~し」
           「ともかく」
     オフィシャルワードは、決まった言葉が多い。
     「~と言う訳で」 意味がわからない。
    
     ○ぼかし辞ー「とか」「みたいな」「~っていうか」「って感じ」
        表現を明確にしない。明確にすると相手に圧迫を与える。

     ○相槌辞ー「そうそう」「うん」「うんうん」「えー」「ですね」
          「そうですヨー」「いいね、いいね」「そ、そ、そ、そ…」
          「なるほど」

     <慣用的接続詞>…おっさん語
       「そして」「それから」「さて」「それで」「したがって」
       「だから」「そのため」「なのに」「つまり」「すなわち」
       「だけど」「なので」「しかし」 
    なんとなく、間を埋めリズムをつくりたいのであろう。 

    日本人の文章感覚が、ながし読みになりつつある。
   
    昔話…助詞を消すと文章が軽くなる
   ◎助詞は、文を活かすための、エネルギーとなる。

    「私」のことを話す場合、助詞を消す傾向があり、意味が伝わり
    にくくなる。分からなくしている。

   ○自分の話しグゼを知ると、話しグセがなくなっていく。
    若者ことばー若者方言がどんどん生みだされている。
    グループ方言ー特権意識をつくりだしていたいのだろう。

 (3)演習「疑問詞」
    
    疑問代名詞 「誰?」「どこ?」「何?」
     …意味。相手が違うと音声も違う。

    疑問形容詞 「きれい?」「美味しい?」「あつい?」
     …感じたものを音にする。

    疑問副詞 「そんなに?」「どれだけ?」「いつまで?」
    
    イギリスでは、上記のようなことばを音で違いを表現するために、
    演劇を教育に取り入れている。

   ○呼吸、声、ことば、スピーチ…話すとは、何だろう?
  
   ○自分の話グセを、ことばグセを探すことも、面白い。
    音、ことばを探ってくるとー
   ⇒キャラクターの個性へとつながってきている。

  ○「本日の磯貝語録」
   言葉グセ、話グセは、誰にでもある。それを探っていくと
   面白く、言葉や音声のキャラクター、個性につながる。


  ○「本日の感想」
   くせも個性の一部という考え方にスゴさを感じました。
   自分のことは認識していないなあと痛感しました。
関連記事