FC2ブログ

「ことば表現実践メソッド講座」12/18

2013年12月18日レッスンデータメモ 
「ことば表現実践メソッド講座」
 担当講師 磯貝靖洋
 講座テーマ 「社会人のための言葉グレードアップ」
        ―仕上がりチェック・まとめスピーチ―

 1 準備体操
  座位…開脚片足曲げ前屈(上半身を意識的に前に伸ばす)
     足を合わせ、膝、上半身をゆらゆら→お辞儀→左右の膝を動かし
     ゆるめる
     膝を少し曲げたまま、足を前に伸ばし前傾。
     片足ずつ外転させ、股関節、坐骨を動かす(円を描くように)
     両足を揃えて伸ばす→お辞儀

  正座…両手を揃えて前に置く。首、背中、腰まで徐々に猫背にし、
     ゆっくりもどす。
     両手を逆手に置き、同様に首、背中腰のラインを丸め、もどす。
     両掌を上にして、両膝脇に置く。
     両手を胸の前で組んで、手首を動かす
     両腕を前に組んで(掌を外側に向け、背中を伸展

  立位…股関節運動ー骨盤を回す―足踏み
     少し足を広げ膝を抜いて軽く屈伸ー足首をあげてバウンドするように
     身体の力を抜く―足踏み(腿を上にあげるように)
     両肩を上げるように肩を回す―脇の下で肩を動かす。
     肘を高く上げ肩の上に。手は背中(首の付け根)に置き、
     肘をさらに引き上げる(肩甲骨運動)―ほぐす

  ○肋骨―鳩尾から脇のラインを左右を前に、両脇を交互に突き出す。
     後方へ左右を動かす―ほぐす(首の付け根、肩回り)

  ○鼠径部を動かして骨盤を動かす。鼠径部を後方に引き込む

  ○腸骨の高い部分を動かす

  ○仙骨に両手をあて、あちこち動かす。
   両手を離し、全身クネクネ自由に動かす。

  ○顎関節―口を開閉し顎関節を滑らかに動かす(あくびがでれば、OK)
       顎関節の奥、軟口蓋を引き上げるため、ゆるみ、
       あくびが出る。頬の中央部の関節(筋突起)

   発声時に喉の高い位置を開くと抜けてしまって、響かない。
   (口の容積を縦に広げると声が響く)
   横口では、舌が上にあがってしまい、口腔が狭くなり、響かない。

  ○後首(頭蓋骨の付け根)盆の窪をほぐすと声が響いてくる。

  椅子座位―上半身をひねる(片足を膝に乗せる)→前にお辞儀
       足を戻して、上半身をほぐす

 2 ことば表現実践メソッドー今期のまとめ
   スピーチ発表…「ちっちゃなクリスマスプレゼント」 1分間

  ○Iさん…“学生からのクリスマスプレゼント”
      チョコのプレゼントとともに、卒業後日本で英語の教師を
      目指すことを語ってくれた学生。

  ○Kさん…虚礼を廃す
       英語の先生からのクリスマスプレゼント
       ツリーの形をしたクッキー
       hand in hand

  「ちっちゃな」という」表現が、内容を限定してくれるので、まとめやすい
  スピーチ…スピーカーの人からが伝わることが大切。

  「話す」―聞く人がいる。
      聞くことは、生きている状態で受け止めている。
      出来事を共有する
      情報のやりとりだけでは、本意は伝わらない。

  物語…どれだけ人間が含まれているか、単に事象だけを伝えるのではない。

  スピーチ…happy、ほのぼのとしたものを感じることが重要。
       自分の経験、自分のこととして内容を考え、まとめる。
       スピーチ原稿のセオリー・ヒューマニティー、ユーモアがあること。
       どれだけ自分をひきつけて考えられるかがポイント
       題ではなく、エッセンスを何にするかで、まとめやすくなる
       身近で人間ぽい物、日常生活で何か面白いものがないか、
       考えていること。

 ○映画の脚本を書く…子供が喜ぶ面白いストーリーなら、面白い子供を探す。
           その子供と喋って、いろいろ引き出して、ヒントを見つける。
           ウソっぽい作り話では、伝わらない。

 ○言いたいこと、書きたいことが、たくさんあるケース
   →まとまらず、良い作品になりにくい。

 ○プロットをつくる時、たくさん材料があると決まらない。
  ひとつ、「これ」というものがあれば良い。枝がたくさん付くと
  散漫になってしまう。たくさん欲張ってしまうと焦点がぼけて、
  つまらなくなる。

  最近の作品は、部族作品、ある部分が共感するだけである。
   ショートストーリー…食べ物を題材にする作家が増えている。
   色、形…目に見える。視覚を意識する、視覚bに訴える表現を多く使う。

  スタジオジブリ 鈴木プロジューサー
   本質がなければ、だめだ。本質がわかってはいけない。アカデミックぽい
   ものが、よい。

   スピーチ…話す人自身の人間味、経験を自分の声で伝えるなら、
        上手じゃなくても、十分聞き手に伝わる。
        いい人格の人を書き込んで「これぞ」という声をだすと
        人は、「おっ!」と思う。

   スピーチ全体をアピールしようとすると、聞き手は“食傷気味”で 
   嫌気を感じる。

   スピーチは、相手によって、テーマ、ドラマを変えていく必要がある。

 ○報告会のスピーチ…事象だけ伝えると、5分程度で飽きて、いやになる。

 ○Kさん…デ―タを使って現状を伝え、なぜか、背景など多少エピソードを
     加えて話すと良い。

 ○社会学者のケース…キャラクターが出すぎていた。その先生の学問で社会学
           ではなくなってしまった。本質的な内容を伝えた方がよい。
           物事の具体的なこと、個人的なことが多い傾向がある。

   聞き手は専門家…これが本質のテーマであると言い切る方が伝わる。
           情報が多すぎては、伝わらない。

   聞かれたこと、質問の時…一番重要なことを、スバリと答えられること。
   自分の本質、信条を伝えていれば、曲がらない。―相手も理解できて伝わる。
   書いたものを推敲し、声に出してみること。そうすることで、自分の身体に
   内容が入ってくる。 

 ○インタビュー
   最終的に聞き出したい質問にたどりつ着くまに、どれだけ寄り道できるか。
   それによって本質、キャラクターを引き出せるか。乗っかり上手になること。
   投げかける話のきっかけが、いろいろあると良い。
   インタビューを受け本質を語れないこと、人間性を出せない人は、それだけで
   終わってしまう。

  *コミュニケーションが人とうまくとれない
     コミュニケーション障害と言われる事があるが、精神科と
     コミュニケーション分野で、見解が異なる。

     社会=人間=社会

 ○音声の持っているヒューマニティーは、絶大である。
  自分で投影した文章は、読みやすい。

 ◆本日の磯貝語録
   伝わるスピーチは、ヒューマニティー、ユモアがあること。その人の経験を
   伝えるから、聞き手が聞こうとする。面白くないと、聞かない!

 ◆本日の感想
   スピーチアクトとは何か。その声は何か。等とても具体的に学びました。
   実際に話してみて、とても納得出来ました。
関連記事