FC2ブログ

歌・演奏(2/23)                                《音楽系》

2/23(木)歌・演奏

10:00 掃除
    ストレッチ
10:20 課題「ファルセッティーノ」
  SOP  「Amarilli」アマリッリ
   ・「ア」の母音で歌う
   ・同じ喉の状態で歌う、5度、6度の音程を出す訓練をする
   ・喉を下方に置いて(上下する部分を意識して、そこを止めて置いて出せるようにする)息が
    流れる事

  個人別
   A:大変良くなったが、口の中に響きがこもる
     喉(笛)と結実点(口の外10cm位の所)を一致させて出す
     息を流すのが遅れないようにする。口の中の開きが少ない
   B:自分の鳴りを音識しないで口の中の響きを結実点につなぐ
     或いは、結実点からもらうような音識
     口の開い方…唾液が出る様な口の形で唾液を出さないような口
   C:歯茎の内側が鳴りすぎる。Oのつもりで外側に捨てる様に。
     喉が閉まっている
     開ける方法…声を出す瞬間に閉まるから、逆をやってみる。
           閉まっている喉を出す瞬間に開け喉を下げていってみる
     ※長い息のときは、横隔膜、下腹部を張る(広げていく)方法と
      下腹部から上に息を引き上げる方法と2つある
   D:心配しないで声を出す。
     口の中の響き鼻腔の響きをトコロテンの様に前に引っ張り出すように
   E:鼻の奥の響きを、中だけに溜めておかないで外に出す
     胸を開いて、胸を使う
     ※フレ-ズの終りが大切。和声が続いていて、終止形に入る時、そこの響きが重要である
      それが次のフレーズにつながる
   F:喉声だけではいけない。響かせる場所と繋がっていないと、「生声」になる。
     苦しいだろうが、克服しないといけない。
     楽器の後ろ側の意識が足りない。鼻腔の響きと胸の響きを聞き分けられる事
     聞こえて来た声を整理する

    ※多くの人が思い込み違いをしているのではないかと思える
     音楽自体が喜んでいるかが大事で有るはずなのにアレコレと自分の事情をやり過ぎる
     第一は音楽である。それをやるには楽譜に込められている事を理解し、行き着くところは響きである

    ※ファルセッティーノとは、音が高くても低くても鼻腔共鳴である
     軟蓋口蓋の上と下を一緒に響かす

    ※先ずノドをおろし、ひらき、息を流す

 ◆本日の磯貝語録:人的行為を出来るだけ抑制すると美しい声になる
関連記事