FC2ブログ

ヴォイストレーニング・夜ジム(7/10)

講師・磯貝靖洋
コーチ・出先拓也

1.全体ストレッチ

2.各々に別れ、主に身体トレーニング
磯貝先生参加の回なので、ひとりひとり順番に最近の状況など面談。
男性受講者二人でスタートダッシュの稽古。
トレーナーの手の合図でスタートする。
どのタイミングでも合図とともに即スタートが切れるように準備をすることの重要性を知る。
これが表現のゼロの状態にもつながってくる。

3.発声練習
声が裏返る症状のある受講者には、喉を絞めすぎず閉じるために有声音での子音練習。
母音調音において口の中の響きが重要である。
口から全て吐き出してしまっては遠くへ届く響きのある音にはならない。

4.課題テキスト
自分の普通で読まない。
自分の普通は普通ではない。
そのキャラクターの台詞はどのような身体状態なのか、精神状態なのか。
何よりも、どのような喉状態なのかを表現することの重要性。

20140710
出先拓也 文責
関連記事