FC2ブログ

2014年6月24日 「声の学校・言葉の学校」講座

講座テーマ「声をつくる呼吸法④―息を支える仕方―」
 
 1 準備体操
  IM身体法
  坐骨歩き復習
  軽くその場、かけ足
  立位―骨盤を動かし、上半身、首までをゆるめる。

 2「呼吸の支え」
  呼吸によってささえ方が違う。
  台本、セリフ読み…意識して読み込むが、声を出すことは自然に

  
 ○意識すると何かが出来る領域。
  何かをしようと一生懸命になる、身体に力が入る・
 
 ○いつも、自然のまま、意識していないことを感じること。
  感じるようにすることを、見つけていくこと。

  自然で楽なこと、無意識呼吸。
  無意識で何もやっていないことを、オーバーにやってみること。
  ⇒磯貝メソッドの呼吸法

 ○呼吸は、手足を除いた身体ー胴の部分で行う。
  胴の底の部分ー鼠径部まで使う呼吸を行う。
 
 ○鼠径部の息を入れて、膨らます。
  鼠径部の他にも、膨らむ場所がある
  →背部…腰方形筋も使っている。

 演習① テキスト「今日、午後雷が鳴りましたよね」
    受講生それぞれ、声で表現
    さらに、深く言ってみる…どう変えていくか。
    ⇒「鼠径部呼吸」
   
   息のエネルギーが、いつも同じだと、自分しかできない。
   息―呼吸が変わると声が変わり、演ずることが出来る。

  ◎呼吸が変わる―意識が変わる

  ○外部状況が変われば、呼吸も変わる―意識も変わる
   条件を意識した時、身体も変わらないと芝居はできない。

  Kさん―身体より先に考えるケース(止まって考えるタイプ)
     考える前に身体を動かすと良い。
  Nさん―意識が変わり身体も動くが、身体と頭が全く別のことをやっている。
     一致させるようにすると良い。
 
  ◎身体と意識を結び付けるものが、呼吸である。
   継続させる。いくつかのパターンから。一つ身体が選んだら
   それを変えない→繰り返す

 演習②呼吸の条件を変えてみる
  「上腹筋呼吸」で、「今日、午後雷が鳴りましたよね」 
  →声が固くなる。はっきり強くなる。明快な言葉になる。
   上腹筋の張り出しをゆるめない…強く、インパクトのある声
                  怒りなどを表現する。

  ◎声も変わり、意識も変わる
   →どのように変わったかを、記憶し復元できることが、
    同じことを演じることにつながる

  俳優は、常識がなければ不自然になる。様々な社会に通用する  
  ◎役割を演じる…常識通り、まともな人物を表現する。
          →誰が見ても「あれは、いいね」と思ってもらえること。

  受講生全員、独特だから共通があり、常識的である。
  アイデンティティーは必要だが、それを守ろうとガチガチにすると
  変われない。
  自分の身体の中にあるものに、希望を見出していくこと。

 ◎「自分の納得の場所」をつくることが重要→覚える
      ↓
    ≪呼吸である≫
  
  意識の場所を決める―磯貝メソッド呼吸法

 演習③「肋間筋」(胸式)呼吸」で、テキスト読み
  肋骨を広げるだけで、息が入ってくる。-楽であるが抜けやすい
  
 ◎肋骨をひろげて息が入った状態を保持する→『支える』
  どこの筋肉を使って肋骨を広げ、支えているだろうか?
  支えて声を出すと、軽めの声になる。

 Nさん―支え点を高く保持し、首の力を抜くこと。しっかり息を前に出す。
 Kさん―支えが弱く、沈んだ声だったが、高い位置で支え声を出すと、
     姿勢もよくなり、声も勢いが出る。
     胸骨が開くと、気が上に出てエネルギ―が上がり、明るい声になる
 Sさん―意識が丹田に降りやすいので、胸郭の支えをしっかりする。

 演習④『丹田(腹式)呼吸』―しっかりした呼吸とささえ法―
  
 ○丹田に息が入ったままの声、落ち着いた声。

  息の支え、呼吸の支えとことばの違い

 ○本日の感想
  Nさん―胸郭呼吸が面白い。鼠径部が上手くいかなかった。
  Kさん―胸郭呼吸が印象に残った。胸郭呼吸が上手くいかなかった
  Sさん―鼠径部が、面白かった。胸式が難しい。
 
 ○呼吸が変えられると、生活が楽になる
  
 ○「呼吸」で「意識」が変わると、「声」も変わり、
  相手にも伝わりやすくなる。

  声とことばは、いつも頭も身体も「ニュートラル」にしておく。
  身体は、毎日使っていると崩れていく。
 
 ◎「崩れたら、整える」⇒呼吸でも身体をリセットすることができる。

 ○声を出す時には、首周りを隠さない。見せておかないと状態が分からない。

 ○声やことばのためには、、常識的でニュートラルであること。
  ワンパターンに固めてはいけない。
  呼吸もどんどん変えていけること。

  次回は鼻からの「息の吸い方」を学ぶ
  セリフをしゃべる時は、口だけでなく鼻からも息を吐いている。

 ◆本日の磯貝語録
  呼吸が変わると、意識が変わる。
  呼吸が変わると声が変わる、呼吸も何パターンか身につけること。

 ◆本日の感想
  呼吸は変わりました。そうすると、いろいろな意識も変わりました。
  とても印象的でした。
  
関連記事