FC2ブログ

俳優発声中級(3/1)                             《ことば系》

3/1(水)俳優発声中級

[1]ストレッチ(各自)
[2]受け芝居について(磯貝講師)
  ・正座
    脚の開き具合だけで状態が変わってくる→受け方の違い
   ◎受けることが芝居。「受けている芝居」仕たり、つくったりしない。
  ・舞台上の自然/不自然
   ☆塾長の演劇観
    ・神が降りて来るイタコのような世界・・・自然/不自然を越えている
    ・哲学がある  哲学・・・人間を不自由にする
    ・言葉の世界である
   ◎身体性の中に感情がある
  ・受け芝居のやり方
    鼻から吸う    止めない
    ノドあけ、鼻から息を出しながら、相手役の言葉を受ける
[3]テキストを使って芝居
   ・実体験を伴なわない会話を“こんな感じ”でやってはいけない
  ・母音のみで会話してみる
   ◎いいセリフだと信じ込んでとにかく出す
   ◎自分でやらない。自分以外の生きた人格でやる
   ◎芝居を作るときのスタート(設定)は自由に決められる(決める)ので自分をスタートにしない
   ◎感情は外に出さない(内側にあればいい)
   ◎まずは言葉をとどける
   ◎初めから作らない
   「何いってるんですか・・・」速く喋る
        →同じ感情でゆっくり喋れるように

 ◆本日の磯貝語録:演じることは、受けることから始まる
          日本人は、感情と気持ちをゴチャゴチャにしている。×
関連記事