FC2ブログ

週一ベーシック(2015.10.13)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり、札辻静美

【今日のテーマ】
発声① 仕組みと声の種類

【基礎身体法】
9月から始まった講座では、毎回、磯貝メソッド身体法で、声を出すための身体の準備からスタートします。受講生も慣れてきて、身体の中心軸がぶれなくなり、自分の身体への意識も高まり、動きもスムーズに安定してきました。特に、身体の中心を崩さない、重心を下ろすために、真直ぐ踵から歩くことを意識した歩行訓練を繰り返し実施しました。

【基本を確認―何故、発声訓練をするのですか?―】

声帯のイラスト図、写真などを使い、声帯の働き発声の仕組みを学び、身体の感覚と発声のメカニズムを繋げて理解してもらいました。

【声には快、不快の種類がある】

自分が発声し易く、相手も聞きやすく心地よく感じる快の声を出すためにはしっかりした理論に基づくトレーニングが有効です。

[受講生の感想]
・ 毎回、目からうろこのことばかり、講座の内容も納得できる。自分の改善したいこと、足りないことを学び、良くしていきたい。
・ 活舌が良くないので、身体の使い方や喉、舌などのことを詳しく知ることで、なぜトレーニングが必要か理解できる。毎回身体を動かしできることが増え、楽しくなってきた。

講座毎に、受講生は、講座の内容や身体について質問し、声に関する疑問や不安を解決し、理解を深めています。声も力強くなり、これからが楽しみです。


20151013
文責 菅家ゆかり
関連記事