FC2ブログ

トレーニングクラス(2015.10.24)

今日は、欠席者がいたため、予定よりも少人数のクラスとなり、個別に具体的な指導を行うレッスンとなりました。

① 磯貝メソッド身体法
特に、首の付根の部分、第一頸椎をほぐすことに重点をおいて指導を行いました。第一頸椎付近の筋肉は、発声時に緊張しやすいため、いつでも緩めておくことが重要です。緩めるだけで、声がよく通るようになるのです。

② 各人の身体強化運動
歩行運動中心の強化トレーニングを実施しました。
歩行はすべての運動の基本になります。発声についても例外ではありません。
通常の歩行指導から、おすもうさんのトレーニングである四股やすり足も指導しました。四股は身体のバランスを整えるのに非常に有効なトレーニングです。四股を踏んだ後は、重心がおり、安定した声が出るようになります。


参加者の傾向として、身体を動かすときに、どうしても力み勝ちになります。歩行中の癖がそのまま、発声時の癖となってしまいます。今後も注意して、力み癖を指導していきたいと思います。

関連記事