FC2ブログ

特別実践セリフ(3/12)                            《ことば系》

3/12(日)特別実践セリフ

・磯貝講師談話:来年度の展望、VASCへの展開に向けて創造者として生業っていけるかどうか
        自分の問題

 「ギリシャ悲劇、コロスの詩」その3(磯貝講師)
・テキスト「オイディプス王」
  (復習)音声を出しながら「黄金ゆたけき」という言葉を感じる
      声を出すことにより自分の中に起こる読み方、それを表現として同時に出す
      文読みをせず、先ず語を読む。続いて語を長読みして歌にする
      文としての意味を先に持っていこうとせず、長音的歌読みにより、その音声から語や文の
      意味がわいてくる
    ※ある一つの言語的なリズムを作ること

   最初の言葉に1つ1つ全部縦に重なっていく。重なって繋がる、内容的に粘性を持つ
   ラテン語のリズム:強拍のあとに弱拍がくる

  ☆発声のワンポイントLesson!
   ・スイカの種をはき出すように息を飛ばす→捨て息
   ・みぞおちの横隔膜に近いところで切る
    音は口から出さない。喉で出すように(喉を鳴らす→止めない)
   ・肩甲骨の下あたりから腰にかけて背中を伸ばしていく感覚で息を流す
    (上や下に引っ張って感情を変える)

  *詩を語り読みにする、ということ(歌い読み)
    全部自分の中でつながっていて歌うように語る読み方

  *歌うと同時に「祈り」になっているか!?
    日本の「祈り」は念ずること。自分の内側に向っている
    西洋の神様は外側にいる。それに向って「祈る」
      眉間を意識する。眉間を神様に向ける。返事あることが前提になっている
      (Ex、「祈る」という言葉を相手に発する時には一旦押した後に受け取る状態に
         なっている。押しつづけない。)

・この一年のまとめ
  一年間のテーマ“声を前に出す”

・個々人がこの一年を振り返って

 ◆本日の磯貝語録:①経済性のあるものを発明する能力が必要
          ②古典は、語や文の意味を現代(今)の価値観で読んでは読み間違える
           特に心や感情について
関連記事