FC2ブログ

活舌・発音法(2015.12.10)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也 益田喜晴

【基礎身体法】
スワイショウ 15分間。
IMB

【本日のテーマ:言葉の良い響き②】
「仏教哲学について」
深く知れば知るほど天に昇って行くように感じる→これが宗教。
見えないものを想像できるかどうかが重要。
これは、声と宗教の共通点。
人間は、生の実感を多く得られる人生だと幸福である。
プラスでもマイナスでも生の実感を多く得たい。
生の実感ある声というのも存在する。
それが、"地声"である。
赤子の泣き声などはまさにコレ。

「地声発声」
地声を持っている人が初めて発声練習に入れる。
地声が最も発声しやすい音は"あ"である。
地声は声帯の骨自体を響かせる。
声帯の骨の前に当てた音を同時に後ろに反射させる。

「テキスト地声発声練習」
テキストを使って、地声で読む練習を行った。
とにかく口から吐かない。
口の中に吸い込むように音を出す。
声を出すのと同時にお腹をペシャンコにするように息を吸う。

※「想像はできないけど、きっとあります!」
先があることを確信できることがまさに想像。
先があるからそこから引っ張られる。

【感想】
結果ばかり気にして、その先を考えていなかった。
地声の音が頭の中で整理できたので、これを感覚で掴めるようにしたい。

20151210
文責 出先拓也
関連記事