FC2ブログ

歌発声はじめて(3/17)                            《音楽系》

3/17(金)歌発声はじめて

・ストレッチ
・詩演会 ピアノあわせ
・体をほぐす、呼吸運動、鼻・のどを鳴らす

・試演会 第Ⅲ期のテキストから1曲歌う+講評(磯貝講師、加藤講師・・・以後、磯、加)
 A:「花」
  磯:口の準備が遅い。素直な歌が歌えるようになった。言葉がおさない
  加:“エ”にくせがある。高音のとらえ方がもうひとつ
 B:「浜辺の歌」
  磯:無駄、無理が少なくなった。暗譜をする。読み込み、歌い込みを自分のペースを決めて、
    獲得していくこと
  加:日本語の歌詞をもっと読み込むこと。もっと踏み込んでほしい
 C:「母」
  磯:無駄に手を動かしている。ブレスが遅い。言葉の準備が遅くなる
  加:“歌はこういうものなんだ”ということ。これを積み上げて欲しい
 D:「浜辺の歌」
  磯:曲の中に入り込んでよい。自分が納得する準備ができていない
  加:雑念にふりまわされないで歌えるようになった
 E:「ペチカ」
  磯:入り込んでいない。“歌ってこういうものなんだ”という世界をとらえると楽になる
  加:表現したいことを持っている
 F:「母」
  磯:段取りを考えているのが、歌では聴こえてくる
  加:深く入る方向へ修正できるようになった。“オ”・“ウ”が良くなった
 G:「花」
  磯:もっとリラックスしてよい。“音楽の口”というものがある
  加:私のいい歌を歌いたいために自分はこうやりたいとう意志と対話の中で出てくる
 H:「花」
  磯:努力して、目を開けておくこと。歌を歌いながら雑念を生んで、それにつかえる
  加:上あごの響きが使えるようになった
 I:「母」
  磯:基本的に表現は前。自分の声のひびきをみつけてゆく
  加:前に進んで行く。イメージをもつ。声の伸びる道がある

・質問コーナー
  切実に必要なものは、絶対に必要である。生きて行くためにはなせないもの、それは“ひびき”
 ◎教えてもらえることの先に全てがある

 ◆本日の磯貝語録:音楽の特長は色彩である
関連記事