FC2ブログ

歌い方・発声(3/18)                             《音楽系》

3/18(土)歌い方・発声

 <宗教音楽>(磯貝講師)
 仏教経文をうたう⇒イミよりも「音」である。音化、音楽化する=自己の解放
          Kyrie eleison、観自在菩薩も同じ音楽である
          出した音を響かせる
          話の意味を追わない
  ◎般若心経のリズム
    漢字1字を1拍とする
    訓読の1文(読点)を1節とする
    基本は4字熟語が1小節
    ブレスの場所は自由
  ・経は1人で唱えるものだが、人が集まって一緒に行ったときに違う響きが生まれる。
   予め音や長さを決めて(キリスト教音楽)ということでなく、自然発生する
  ・複数名で唱えるときは拍が重要となる
  ・崩れたときに導師が基準を示す

 不生不滅のイミ⇒フショウフメツという音(響き)の中にある

 みんなでやる
  ⇒「はかる」ことをする ⇒発しながらきく、ききながら発する

 演奏方法:その時、その場(響く場所か響かない場所かetc)で変わっていく
      ⇒自分の中におこるものも異なる
  バード「キリエ」 合わせ(3声)
  グレゴリオ聖歌「Ave Maria」合わせ
    言葉は響きである。良い響きをつくろうとすること。
    音符でブツブツ切るのではなく、フレーズ、語としてつくること

 ◆本日の磯貝語録:多人数で和することで(1人とは)違う響きが生まれる
関連記事