FC2ブログ

歌発声中級(4/13)                              《音楽系》

4/13(木)歌発声中級

◎目的
 ・喉をあける ※あごの使い方、鼻の使い方が重要
 ・高い声を狙いすぎず、胸声が歌声として出せるかどうか
   →喉を下ろしたまま中声域の音を出せるようにする
   ※高い声を出すために、低い声をだせるようにする

◎喉おろして開けて発声(胸声で)
  自分が出した声を聞く場所を自分の中でつかむ
 Aさん:首を立ててデッチリになる。口ではなく喉で出す。
 Bさん:喉あけて鼻閉める。喉を閉じる。アゴを出して、声を下ろす。
 Cさん:外を意識せず、自分の中だけのことをやる。自分の中に音楽がある。
 Dさん:音の実感を体でとる。へその近くで声を出す。
 Eさん:音だけ追いかける。声を響かせようとする。
 Fさん:自分の中を聞く。音と一緒になる。
 Gさん:ミゾオチから下に向って声を出す。息吐きすぎない。声を出しながら下ろす。
     自力でやろうとせず、音楽に寄り添う。
 Hさん:音をもらったときに一度のどを閉めてしまうので、声を出しながら喉を開けようとする。
 Iさん:自分の音を自分の中で聞く。ミゾオチに響かせる。
 Jさん:口の中ではなく喉の中で自分の音を聞く。声を出す瞬間の緊張を解く。
     下に向って広げるように出す。
 Kさん:口を響かせない。喉を下ろしながら出す。へそより下に向ってもっと響かせる。
     デッチリにして恥骨をおさえて下ろす。
 Lさん:体の真中だけ使う。アゴが邪魔をしている。

 ・ドレドシド 喉を下ろして開ける
   音が上下しても、その違いを上・下で大きくとろうとしないで、えんぴつが前へコロッと転がる
  ように前へつなげる。

 高い音は喉がしまりやすいが、なるべく高い音でも同じように喉をあけた状態が保てるといい。
 響きは上あごの前、それができてから、後にもっていける
 アヴェ・マリア 後ろに引っ張らないで、前の上あごで声の響きをつくり、胸声でうたう
 「胸声区の音楽=首から下全部」

◎歌う
  Bグループ 「アヴェ・マリア」
   ひざの力を抜く、丹田から足裏の湧泉に向って声を下ろして出す。
   床と足がくっついていない音は出さない(片足でいい)
   ももからひざ、ひざから床に下ろすように歌う
   無理して張り上げない、下へ下へ

  Aグループ 「Wiegenlied」
   脚の重みを足裏から床下まで下ろして、そこに向って歌う。
   へその下・脚で歌う(片足でいい)
   息は前へ流そうとせず、丹田から下へ湧泉を通って流すようにする。
   それが循環するように。
   「Intorno」音とり

  Bグループ、足裏を床に打つ
   足首の力を抜く、湧泉と足の甲を通した糸で持上げられたり落とされたりするイメージで行い、
  自分でやろうとし過ぎない。湧泉から床に抜けるように。
   「アラブの馬」音とり

 ◆本日の磯貝語録:自分なりの工夫や努力は禁。音楽になり、音楽をする。
関連記事