FC2ブログ

表現・話し方(2016.04.14)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴

本日のテーマ:キャラクターヴォイス

【身体法】
・IMB

【講座内容】
◎障害者と差別
 ⇒可哀想・気の毒 = 情の世界 → 失礼
  IMでは言葉は「公器」であると規定する。

◎表現の基本
 ⇒表現は読むのではなく「語る」。
  発信者(受取り易いように発す)と、受け手(話している人のようにわかる)がインタラクティヴな関係である。
  表現の原点→どのように自分の声に帰るか。

◎「人間失格」より~竹一の「ワザ、ワザ」ほか
 ⇒「ワザ、ワザ」はどんな音だろうか?
  太宰治 = 日本の情感をうまくとらえた作家
  まずは作家の意図を素直に受取る。
  他人事にせず読む。
  その因果関係も伝える。蔑ろに
  心が動かない読みは、テキスト(他人)を蔑ろにしうる行為。

【担当助手感想】
最終講座とあって、これまでやってきたことの縦軸が繋がり、まとまった。
自分の声は自分のためだけのものではない。故に自分の中だけに求めても見つからない。
周り(他人)があって、自分の音がつくられる。それこそあなたのキャラクターボイス。

【本日の磯貝語録】
☆表現をする事は相手を助ける事。
☆文字は心。心が動かなければ語る事にならない。
☆声を出す事は、精神状態を外に表す事、空気に触れてリフレッシュさせる事。

【参加者の声】
・声を出して読むだけで、自分の実感が変わる。
・感情移入しがちだが、それを表現にすると難しい。
・まず文字を読もうと考えてしまう。

文責 益田喜晴
関連記事