FC2ブログ

発声・呼吸法入門(4/22)                          《ことば系》

4/22(土)発声・呼吸法入門

[0]自己紹介
  ・初回のため全員あいさつ

[1]講座「呼吸・発声法概論」(磯貝講師)
  ・呼吸や発声は「意識する、しない」から始まる
  ・どの程度の負荷を掛ければ適切かを知る
   ⇒無意識での声・息から意識の呼吸・発声へ

・発声・呼吸習得に必要なこと
  ◎“身体感覚”を持つこと
     知覚で処理している間はうまくいかない
     きっかけは自分の身体を理解する知覚から
     自分の身体を理解してから身体感覚へ移す

・音声表現とは
  ◎伝えなければならない事を自分の声と身体を使って具体化すること
  ・そのためには、伝える内容を明瞭に出すことが大前提
   (聴く人が、聴いている内容を理解できるように表せているかが問題)
   ⇒これが、発声法

・適切な声(表現としての声)を出すために必要なこと
  ・声を出す環境(広さ、人数etc)を判断し、その場に適切な声(大きさ、響きetc)を判断する
    ※前に向って出すために必要なことは何か
     小さい声は×だが、強ければ良いというのでもない

・ここでやること
  ・まず無意識呼吸から意識呼吸へ
    (自分が表現したいものが相手に届くための呼吸)
  ・呼吸をやった後、声につなげていく→発声法

[2]ストレッチ(沖田講師)
  ストレチの時の注意点
   ・座位での前屈は、ただ前に伸ばそうとするのではなく腰から曲げるようにすること
   ・動かした後は回復運動すること

[3]エクササイズ(磯貝講師) 身体の中から自分を知る=体内感
  ・骨盤を立てて座り、左右にゆする
    ⇒骨盤を意識する。仙骨を知る
  ・寝そべって腰を左右にゆする
  ・寝そべったまま身体全体をゆらし脱力
    ⇒この状態の自分の身体を自分で分かるように
  ・椅子に両足を広げて座り、鳩尾をさわる(両手で)
   押さえた手をその高さのまま左右に開き、手を脇まで移動する
    ⇒横隔膜のおよその位置
  ・横隔膜をゆっくり広げ、ゆっくり戻す(これをすると呼吸になる)
    ⇒胸郭呼吸(胸部呼吸) ※まず胸郭呼吸をマスターする
      <注>呼吸時、肩が上がらない、腕が上がらないように
   胸郭呼吸、最大呼吸を各自毎日練習する事
        (鼻からめいっぱい吸って、長く吐く、吐ききる)
   ◎必ず鼻から吸気すること

 ◆本日の磯貝語録:自分が出来ないことが何かを理解できている人は強い人
関連記事