FC2ブログ

表現・発声クリニック(4/28)                          《共通系》

4/28(金)表現・発声クリニック

 講座「鳴る声」②(磯貝講師)

 ◎口が鳴る(どこにあてて出すか)自分の息を細くできるか
   上、下 前、後 歯、上アゴ

 ◎喉が鳴る(言葉がきちんと聞こえないといけない)

 ◎体が鳴る(胸を鳴らすということがどういうことかを知る)

 <自覚を持つ> 自分のクセを知ることが大事
  ①口が鳴る声と口が鳴らない声を出してみよう
 テキスト「もうすぐ5月」  ※一人一人出していく

 ・響きを分離させる事、使い分けができる事
 ・音つらが違っても、自分の中身はそんなに変わらない(変化はする)
 ・鳴り位置を自分で移動させられること(感性+技術)
 ・音が外に聞こえているかどうかが大切
 ・あたって響く位置、鳴る位置が分かる=使えるようになる
 ・ポジションがしっかりしていれば、おとがノドに返ってきて、響きがおこり、ノドは楽になる
 ・声を鳴らせと言われ、<どのように><どこを>ならすのかが分かって(理解及び実感)している
  ことが、声の専門家の基本
 ・響き所(ひびきどころ)を理解し、自分の体におとすこと
   響かせ所→響きのポジショニング

 ◆本日の磯貝語録:声や言葉には、それ相応の<響き所>がある。
          それをはずれると伝わりにくい。
関連記事