FC2ブログ

俳優発声初級(5/9)                             《ことば系》

5/9(火)俳優発声初級

[1]ストレッチ(村上助手)
 ①跳躍 全身の力を抜くこと。
 ②立位で両手を真っ直ぐ上へあげる。片手ずつ左右行う。
 ③足のスタンスを大きく取り、ソケイ部を伸ばす。
  ヒザに手をのせて肩入れを行う(左右)。
  デッチリになりバウンスを行う。
 ④アイストレーション(体の部分を一つずつ動かす)
  ・頭(首)を左右に、前後に動かす
  ・肩を上下に、前後に動かす
  ・胸を右左前後に動かす、回転(右前左後)
  ・腰を右左前後に動かす
 ⑤座骨で歩く(前後)  ※磯貝講師、村上助手まわってチェック
  長座になり座骨を確認し、そのまま座骨を使い歩く

[2]ストレッチ(磯貝講師)
 ①大の字に仰向けになり、右足のヒザを伸ばしたまま足を左へ倒す(左手につま先が触れるように)
  講師の掛け声にあわせ左右行う
 ②両ヒザを抱え込み圧迫した状態で鼻から息を吸い口から吐く

  ◎口は消火器、鼻が呼吸器
  ・横隔膜から骨盤膜の臓器が一番連動性が高い
  ◎重要な事は、内臓器をゆるめること(筋肉をゆるめるのではない)

  ◎動態を把握する
  ・呼吸運動にとっては上の二肢は不必要
  ◎声・ことば・動くを基本とし何か一つのことしか出来ないのではない専門家になって欲しい

 毎日やって欲しい事
  ・立位(肩幅)で恥骨をおろす・あげる(動きの基本となる点をまず覚える)
  ・股関節を横に水平に動かし“くの字”になるところを動かしていく
    →これは恥骨を動かした後の回復運動

 課題 テーマ:「丹田」について  次回レポート提出(A4、1枚)

[3]VOICE CHECK(磯貝講師)
 ・Aさん:母音が伸びる。子音の位置が前。発語は良い。声の種類が少ない。
      声帯の状態はムダなく閉じているがこれから。
      ことばは下顎と舌がすでに分離されているので良い。
      声量をつける、声質をたくさん持つ、鼻腔の使い方のレベルアップ。
 ・Bさん:磯貝講師が直接に鼻・喉のチェック
      訓練すれば声は出る。あまりに何もしていないので、とてももったいない。
      声を作ること。声帯をしっかり使って全身に響かせること。
      エネルギーが低い。発語意識が低い。
      自分を誉めてやれる人間になること。マイナス思考は俳優に向かない。

[4]講座(磯貝講師)
 ・不安定なこと
  EX:座位で足は歩く開き、ヒザも軽く曲げた姿勢を後ろへ倒し足が浮かない程度で保つ
     こんな状態があるのかと実感すること
     終わったら必ず回復運動

    ・体の状態で全ての音声をとらえる
    ・体の実感が頭へ行く。頭から体へ指示するのではない
    ・情報化できないから状態

 ◆本日の磯貝語録:口は消火器、鼻が呼吸器
関連記事