FC2ブログ

週一ベーシック(2016.7.20)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:口と舌の母音さばき

【身体法】
◎IMB
◎歩行
・直線
・中心を意識して
1)両手を上に上げて
2)両手を水平に広げて
3)両手を前に伸ばして
4)正中を意識して
・大股歩き〜45分間

◎母音について「これはわかる」という事をそれぞれ挙げる。

◎鏡を見て母音の演習
・縦口。舌が歯より前に出ない(日本語の場合)。
・上下歯が開口の際、僅かに確実に見える。
・縦口と舌先の相性が良くなるように練習する。
・舌が浮く
TEXT:イ・エ・ア・オ・ウ

☆歩く事の意味は「見られる」と言う事。
格好良く歩く→自分で(格好良いを)決める→周りに批判されたら格好良く見られるよう研究する。
⇒この感性無くば「声とことば」はよくならない。

☆フィジカルの先にあるものを想像する。⇒92歳の自分で今の自分を見る。

【担当助手感想】
・言葉による講座も大切だが、今回(大股歩き45分)のように理屈ではなく身体を動かす事で、皆さんの吸収力がUPする事を目の当たりにしました。
皆さんの声・ことばが素直に発せられ、確実に良くなっている事が顕著でした。

【本日の磯貝語録】
・心は想像力が無ければ育たない。

【参加者の声】
皆さんの大汗が、言葉以上のものを語っていました・・・


文責 益田喜晴
関連記事