FC2ブログ

表現・話し方(2016.08.18)

講師:磯貝靖洋
助手:札辻静美

本日のテーマ:表現の声・ことば 朗読:源氏物語(2)

【身体法】
・IMB

【講座内容】
朗読練習 桐壺
-鼻音の前にnを入れる古典読みを実践
・古典は黙読するより声に出した方がわかりやすい。
・すぐわかろうとしないで、何度か音読することでわかるようになることが古典の醍醐味。
・声で音読み(古典読み)することで立体的になり面白くなる。

【担当助手感想】
古典読みすると、各人のいつもの特徴が消え、その人の新たな魅力が出て来ていた。

【本日の磯貝語録】
過去・現在・未来を声で往き来する。

【参加者の声】
・内容理解に入ろうとすると平面になるが、声に出して読もうとすると立体的になってくる。
・(古典作品朗読の)発表の場があったら出てみたい。
・古典読みするとその気になる。

20160818
文責 札辻静美
関連記事