FC2ブログ

Voiceジム 朗読講座(2016.8.30)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり/戸村健作/河崎卓也

講座テーマ:日本の女詩力は強い(2)金子みすゞ-その2

【講座内容】

・前回の模様に関して
・金子みすゞ作品13編の中から参加者各自好きなものを選ぶ
・数分間練習し発表
・一人ずつの発表を聞いて感じたことを述べる

聞いている際にいくつかパッパとでてきたものをつかんでいく。
読み手は自分が納得することによって詩がつまらないものになってしまう。
聞き手は心にひっかけること。ピカッと光るものをつかまえる。
違う人、違う声で読むと印象は変わってしまう。
詩のことばを表すための声。説明の声ではない。
心に行ったことを自分の中にしまい込まないこと。

【担当助手感想】
・心を素直に開放できるかどうかで大きなギャップを浮き彫りにさせられる講座でした。
・読み手の声によって詩の印象がガラリと変わってしまう。そんな体験をありありと感じさせられて、声の偉大さに驚きました。
・黙読よりも音読の方がはるかに自分自身に詩を落とし込めることが体感できました。

【磯貝語録】
・心を書きはじめると詩になる
・頭に向かわず心におとす
・書かれているものから何がはじまるか

【参加者の声】
・心は難しくてまだよくわからない
・扱い方によって変わっていってしまう。まさに生きている。
・文字から心を読み取ることが少しわかった
・考え込むタイプだったが心が少しつかめた

文責 戸村健作
関連記事