FC2ブログ

発声・呼吸月1(5/14)                             《共通系》

5/14(日)発声・呼吸月1

西本助手のストレッチ
 ・歩く(ノドをあける)
 ・走る(鼻から吸って口から吐く)
    腕を下げながら走る
    前に腕を突き出しながら壁を押すように走る
 ・ゆるめる(股関節、肩入れ、ソンキョ)
 ・床打ち(体を知る、呼吸を繋げる、重心を感ずる)
   四肢で動くための一番の方法
  ※手のひらを床面に接着させ、太鼓の原理で打ち抜く

「呼吸法基礎」(磯貝講師)
◎丹田感覚と出し入れ運動
 ・指で丹田を押し込み、それを反発するように動かす
 ・仙骨の中でおさめるように出し入れし支える
 ・立ちながら出し入れする。重心をおろす
 ・呼吸で重心をおろす
 ・腹式呼吸は重心を下におろす呼吸である (足から床におりること)

◎椅子に座りながら丹田の出し入れ
 ・丹田の出し入れをする。エネルギーを体全部に流す
 ・鼻からフンフンと息を出す(のどをあける)
 ・息を止めながら丹田の出し入れをする
 ・呼吸法がきちんときまると重心はおりる
 ・呼吸をコントロールできるようになる
 ・鼻と腹で呼吸する
 ・呼吸運動と気(エネルギー)は丹田にある
 ・背骨の中心線を支える

◎ロングトーンのための呼吸
 ※丹田をつなげ、鼻も頭もつなげて、呼吸する(鼻から吸って腹から出す)

◎立位の丹田運動と呼吸法
 ・ふとももで支えながら足首はゆるめる
 ・重心を落とす(浮いてくると気も上がり呼吸も上がりエネルギーがみだれる)
 ・足の裏や重心を感じながら丹田運動(右足、左足、真ん中と移動する)
 ・自分の息が前であるということを意識する
 ・顔の前側に息を入れる事
 ・内臓は、均等でないから、立つ時にぴしっと両足揃える必要はない
 ・足首のバネが必要
 ・呼吸を身につけ他の表現に繋げる

◎横隔膜の呼吸、背面呼吸

 ◆本日の磯貝語録:演劇はよくばりなものである
関連記事