FC2ブログ

活舌・調音・発音(2016.09.29)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也

【本日のテーマ】
子音のさばき方
口唇音・活舌音・鼻音

【身体法】
・IMB
・股割り

【講座内容】
・濁音発声練習「だらだら坂」「がんじがらめ」「はばかりながなら」
・サ行発声練習:舌を引っ込めながら音を後ろに向かって出す練習
・ザ行発声練習

【担当助手感想】
濁音は強い音なので、普段から低く弱く濁音を出す人が多い。そのため不明瞭になりがちだが、むしろ高く明るく出すことでとても聴きやすい良い音になることが実感できた。

【本日の磯貝語録】
・言葉の音に個性はない
・音が意味を作り、感情を作る

【参加者の声】
・濁音をむしろ明るく出すと良いことを初めて知った
・自分が思っているよりもさらに口の奥を響かせるのだとわかった

20160929
文責 出先拓也
関連記事