FC2ブログ

活舌・調音・発音(2016.10.13)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、五十嵐正貢

本日のテーマ:口唇音調音

【身体法】
・IMB
・ハミング発声、鼻三味線

【講座内容】
・口唇音マパバワ調音
・マは唇の中心の最先端で子音を作り、口腔内の母音調音点に戻す
・パは唇の中央3分の1を破裂させる
・竹割り(口の前で手を叩く)で口腔共鳴をつかむ

【担当助手感想】
口唇音は口先の音なので吐き出しがちだが、歯の内側にある母音調音点に響きを戻すことによっていい音になった。

【本日の磯貝語録】
・頬をそいで調音、発声する。下顎で支える
・子音があった方が母音調音点は掴みやすいが、崩れやすい。

【参加者の声】<一番納得したこと、あるいは疑問>
・声を口の中に戻すこと。
・話す音声で意味が決まるということ。
・声を口の中に戻すことと歌との兼ね合い
・促音で詰まる。

20161014
文責:五十嵐正貢
関連記事