FC2ブログ

週一ベーシック(2016.11.2)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:母音作りの口と舌〜言葉をなぜつくるか、なぜ伝えるか?

【身体法】
・IMB
・耳栓歩行→喋りながら歩行→スワイショー→3T

【講座内容】
◎自分をわかる3つの方法
・内観
・他人と比べて自分がわかる
・信じる

◎言葉の要件〜言葉は共通を作る為の強烈なツールである。

◎言葉と心の関係
・「言葉を通して心の共通項が信じられない人」の言葉は虚ろ。
・「心の声を聴け」
・喋りは自分の口から消えていくが、他人の心には残る。
・言葉のお陰で他人が楽になる事があると考えられるか。

◎IM黄金トライアングル
*声とことば、声と心
*心と声、心とことば
*ことばと心、ことばと声

【担当助手感想】
・「言葉はさわれない道具」であると同時に「きこえる心」である。故にその技術を修得する為には、その型を学ぶ以前に「なぜ必要か?」を問い続ける必要がある。
・言葉を信じることは自分を信じることである。

【本日の磯貝語録】
・言葉は消えてなくなるものだと覚悟する。
・面白い人は「良い加減」の出来る人。
・「相手を生かす」ことが、「自分を生かす」前に前提出来ること。
・「話せない」ではなく、相手を自分の中に居くことが出来ない。
・相手を見て何も感じない事から脱出する。
・心無くして喋るな。その人の心を見よ。


文責 益田喜晴
関連記事