FC2ブログ

週一ベーシック(2016.11.16)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:言葉母音の実際

・IMB
・盆の窪及び頚骨4番の確認

◎表現者になる為の条件を考える
・自分という商品を売るには、自分という商品価値を知らねばならない。
・芝居は一人では成立しない。多くの人と共有できるものが必要で、役者の業はその道具である。
・役者の業は、体の業、セリフの業、心の業とあり。、各々を育てなければ成立しない。
・特にセリフ劇の役者はセリフとその心を深めなくてはならず、それは声でしか表すことが出来ない。

【担当助手感想】
IMにおいて大きなテーマの一つである「個」と「共有」。本日は参加者が少なかった為、より個々の芯に迫った講座となりました。
何故、声・ことばを学ぶのか? 常に問い続けていなければ、形をただなぞる様なものである。

【本日の磯貝語録】
・「有名」と云うものに、成りたくて成った者は一人もいない。
・自分の事がわかっていないと、何でも人の物が欲しくなる。
・わからない事を「実」にしようとする、そこに命を懸けるのが芝居である。


文責 益田喜晴
関連記事