FC2ブログ

表現・話し方(2016.12.1)

講師:磯貝靖洋
助手:札辻静美

本日のテーマ:表現の声・ことば 言葉が生きる時、死ぬ時

【身体法】
・IMB
・四股の体制でバウンド 10回5セット

【講座内容】
・声は言葉のため、言葉はコミュニケーションのため、ここで終わっては意味がない。心がないとダメ。
・情報、内容、環境があっって心がある。
・心だけをそのまま取り出すことは出来ない。
・心、考える、思う、とは。

【担当助手感想】
心、考える、思う、ということがどいうことかを質問され、皆苦しみながらも自分なりの答えを出していた姿が印象的だった。
ただ、素晴らしいことを話していたにも関わらずもう一度同じことを繰り返して言えないとのことだったので、それらを自分の頭の中で繰り返せるようになった時、もう一段階ステージが上がるのではないかと感じた。

【本日の磯貝語録】
・言葉が現実の道具になると心が死ぬ。
・心がなくて言葉、声のことを考えるのはウソ。
・人を真似するということは人を助けるということ。

【参加者の声】
・純粋に言葉にするということは難しい。
・心、考える、思う、を考えたことがなかったので言語化することで自分がこんなことを考えているんだと気付いた。

20161201
文責 札辻静美
関連記事