FC2ブログ

俳優発声上級(5/26)                            《ことば系》

5/26(金)俳優発声上級

「羅生門」本読みと動き(磯貝塾長)

・会陰と首をつなげると意思もつながる → 体の意思が大切
 (思い、情は全て会陰でやる)        (身につくまで時間がかかる)
・足首がとにかく大切です。柔軟であること
・さげること、そこから発する
・自分の下顎で喉を開ける
・声だしで同じ音は10回以上出さない(別の音にしないとマヒしてしまう)
◎文字をどのように音にするか?どのような音にするか??
・テキストを読み込み、音にして、そこから身体化する
  ※文字面を読まないで、体で想定する
   テキスト:下人「おのれ、どこへ行く」 地の読み手がきちんと語を読むこと
   ナンバでサムライは歩く
・演ずるためにどうするか?
◎精神状態を言葉におきなおす(起こす)力が必要
・作家が書いていないところまで考えるのが役者の仕事
 (間をいかに取るか、長くもたせるか)
・本に書いてあることをきちんとやる事
・勝手なことはしてはいけない、けれど間を埋めることはしなくてはならない
・言われるまで芝居をするな
・地は皮膚感覚で読むこと(皮膚の実感)
  筋肉でやると感情はとまってしまう

 ◆本日の磯貝語録:身体意思は足裏から上肢へ
          役者は観客を開放させること
関連記事