FC2ブログ

月刊「聲の力」 第3号(2015年12月15日 発行)

▼月刊「聲の力」第3号▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2015年12月15日 発行)

2015年も師走を迎えました。クリスマスの華やかな空気に混じって、おたふく風邪が流行、なんて話も聞こえてきます。この忙しくも楽しい季節を乗り切るためにも、声を使って自身のエネルギーをしっかり燃やしていきましょう。
ニュースレター「月刊 聲の力」の第3号をお届けします。スキマ時間のお供に、ぜひご覧ください。


_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1. 最近、どうですか? ―磯貝メソッドからのお知らせ

 2. 耳よりヴォイスケア情報「正しい“うがい”のやり方」

 3. 地方塾からの便り/仙台より

 4. 磯貝メソッド参加者の声 ―声の学校から

 5. 声とことばのちょっと嬉しいQ&A ~今さら聞けない声のこと~



■□最近、どうですか? ―磯貝メソッドからのお知らせ ・・・‥‥‥………

[2]【1/11(祝)】俳優&声優向け「台詞の発声チェック+ワークショップ」
  ――声の表現者に特化した、簡易なボイスチェック付きのWSです。
  http://isogai-method.com/archives/689

[1]【1月~】「磯貝メソッド声の学校」今年度後期(1~4月)参加者募集中!
  ――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  http://isogai-method.com/archives/614
  
[3]【1/9(土)~】“ユニバーサルな音楽講座”うたショートレッスン!
  ――カンツォーネとシャンソンで、歌うことの楽しみをプロと一緒に。
  http://isogai-method.com/archives/628
  
[4]【2/21(日)】冬のボイスチェック、開催決定!
  ――サイトがスマートフォン対応してより見やすく。お申込はお早めに。
  http://www.voice-check.com/

[5]【日程調整OK】磯貝靖洋の個人レッスン受付中!
  ――舞台演出家、音楽指導者の顔も持つ磯貝靖洋のマンツーマンレッスン
  http://isogai-method.com/archives/524



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2. 耳よりヴォイスケア情報「正しい“うがい”のやり方」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相撲の力士は仕切り前に口を漱ぎ(すすぎ)、衣で肌を拭います。それは身を清める神事としての儀式です。人の口は良からぬものを食い、怪しきことを喋る、不浄なものとも言えます。不摂生の上句「喉が荒れた、声が嗄れた」ときには、神に感謝し身を清める「嗽(うがい)」をするのが宜しいでしょう。薬を使わずとも、白湯で十分です。
①口に程々の湯量を含み、唇をふさぎ、下あごと舌を動かし口中をブクブクと丁寧にすすぎ、吐き出す。
②口を縦に開け、湯を適量入れ上向き姿勢をとる。安定したら舌骨から息をガラガラと吐き出すようにすすぐ。舌骨と舌の下ろし具合を変え、息の位置を上下して、湯を上あご、軟口蓋、喉頭部と当てながらガラガラゴトゴトとうがいを行う。息を継ぎながら30~60秒を一回とし、2~3回を目安として行うと良い。
尚、この際しっかりと鼻から丹田呼吸を行うと「腹式呼吸嗽法(ふくしきこきゅううがいほう)」となり、風邪の予防としても効果が高くなります。(磯貝)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3. 地方塾からの便り/仙台より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、IMS声とことばの磯貝メソッド仙台塾です。

今年度のIMSは「声をつくるクラス」「ことばを磨くクラス」「リーディングヴォイスパフォーマンスクラス」の3クラスを開講しています。講師は3名で、各クラスごとにメイン講師とサブ講師を割り当てて指導しています。
毎年度5月から3月までを3期に分け、それぞれ「響きのある発声」や「なめらかな喋り方」などのテーマを設け、年度末には一年間の集大成として発表公演「こえの広場」を上演しています。
なかでも、「リーディングヴォイスパフォーマンスクラス」は声の表現に特化したクラスで、10年来続けている方々もいらっしゃり、そういったメンバーと『IMSやまねこ屋』というユニットを結成し、リーディングライヴも行っています。

大阪塾からの「受講生自身の考えを発展させる」ようなレッスンですが、個人レッスンや2~3人の少人数レッスンだとそれもいいかもしれませんね。IMSには受講年数が長い方もいらっしゃいますので、「こういうことをやってみたい」などの意見を聞きながらカリキュラムを組み立てることはしています。

さてお次は、メンバー同士がとても仲が良さそうで、数々のリーディングライヴをこなしてうらやましい限りの「ヴォイスサークル金沢」の様子を教えてくださいまし。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4. 磯貝メソッド参加者の声 ―声の学校から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(50代男性、公務員/声の学校・トレーニングクラスにご参加)

▼参加のきっかけ
声は通るが聞こえない、と人に言われたことが動機となり参加しました。ヴォイストレーニングの類を受けるのは初めてでした。

▼参加して変わったこと
3年通っていますが、まず声を出すための身体が変わりました。今までいかに無駄な力を使っていたかということが理解できました。
まだ身体に緊張が残っていますが、逆にそれが伸びしろだと感じます。
あとは、声に対する感度が上がりました。他人の声が気になるようになり、同僚が隣の席で別の話をしているときにも、「この声は…」と分析するようになりました(笑)。

▼磯貝メソッドの特徴は?
生きる、ということの本性を理解した上での実践を求められるところが特徴だと思います。
発声の方法論だからと言って、ただ声のことをやっていればいいのではないということですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5. 声とことばのちょっと嬉しいQ&A ~今さら聞けない声のこと~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■質問■
男性なのですが、声が高いです。落ち着いた低い声で話したいのですがどうしたら良いでしょうか?

□答え□
まず、話し方の問題からお話しましょう。
低い声でも落ち着いて話さない方が多いです。高い声は聴きやすい声なのですが、話し方が早めであったり、言葉が不明確だと「落ち着いて話す」というものから離れてしまいます。また、男性の場合は高く、軽く、薄い声でその上言葉が不鮮明だと、内容が分からず軽薄に感じられることがあります。
元来の持ち声が高い人は、低い声にはなりにくいです。話し言葉は、日本語では口だけでしゃべるので声は変わりにくいですが、持ち声さえ崩れていなければ訓練により魅力的な話し方が身に付きます。(磯貝)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 編集後記
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
◆書類を整理していたら、10年前の自分の写真が出てきました。十年一昔と言いますが、変わらないと思っていた自分にもずいぶん変化があったことに気付かされました。◆変わらないためには変わり続けること、とは言いますが、次回から編集責任者が交代します。これからも皆さまとの架け橋となるべく試行錯誤を続けていきますので、ご意見・ご感想などお寄せ頂けると幸いです。◆少し早いですが、2016年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。(K)
関連記事