FC2ブログ

月刊「聲の力」 第9号(2016年7月22日 発行)

▼月刊「聲の力」7月号  いよいよ毎月開催!『ボイスチェック』のススメ!!▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2016年7月22日 発行)

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよ梅雨も明け、暦は大暑となります。
そしてこの時期(今年は7/19~8/6)は、夏の土用にあたります。

土用は、これから移り変わっていく季節に向けて、こころとからだを整えるために大切な期間です。

しかし、「そもそも土用って何?」「鰻を食べる日じゃないの?」という方も多いのではないでしょうか?

実は土用とは・・・・・・続きは、後半で。

まずは今月の特集です。


_/_/_/【今月のPick*Up】_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■□いよいよ毎月開催!『ボイスチェック』のススメ!!■□ 
____________________________

毎回好評の、声とことばの健康診断『ボイスチェック』が、毎月開催となりました。
これまで参加された方々の感想を、いくつかご紹介します。

―自分の今の状態を客観的に知ることができた。
―自分の弱点の原因が明確に理解でき、改善の道筋が見えた。
―自分の声が嫌いだったが、良いところもあることが知れてよかった。
―声の出し方がわからないまま、がむしゃらに練習して、喉に負担をかけていたことがわかった。
―今まで、活舌や発声について悩んできましたが、やっと具体的な問題点、解決法が見えた気がします。

・・・等々、<声とことば>の改善や悩みの解決につながったとの声を頂いています。
そして、2回目のチェックを受けた方から、次のようなコメントも頂きました。

―前回のデータと比較しながら診断してもらえたので、自分の進化が実感できて嬉しかった。

・・・そうなんです。<声とことば>は日々刻々、変化します。

一度悪くしてしまうと、病気と同じで元に戻すまでとても大変です。
気持よい“声”が出せなければ、ストレスが溜まりますし、“ことば”がはっきり発せなければ、人とのコミュニケーションに不具合が生じます。
当然、心と体に悪い影響を及ぼします。<声とことば>が、心と体のバロメーターたる所以です。

また、<声とことば>の改善、向上を目指す方にとっても現状把握は不可欠です。
闇雲に歩いて目的地に辿り着く事は偶然か奇蹟でしかありません。
現在地をご自身で確かめながら着実に歩を進める事が、〈声とことば〉を磨く為の近道です。

『ボイスチェック』は、あなたの〈声とことば〉の欠陥をたちどころに治す特効薬でも魔法でもありません。
ましてや、あなたの〈声とことば〉を披露する為の発表会や試験でもありません。
あなたが〈声とことば〉を磨くための道標として、健康診断や歯科検診を受ける様に、気軽に『ボイスチェック』を利用して頂けましたら幸いです。


【今後の予定】

日時 : 2016年 8月11日(木祝)

日時 : 2016年 9月19日(月祝)

日時 : 2016年10月16日(日)

日時 : 2016年11月23日(水祝)

具体的なチェックの様子や詳細は【http://voice-check.com/】をご参照下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、お待たせ致しました。土用とは・・・

陰陽五説に由来する暦の雑節です。
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間で、各最終日が節分です。

つまり、鰻を食べるのは「夏の土用」、豆をまくのは「冬の節分」となります。

節分は、季節を分ける日という意味で春夏秋冬がその日から入れ替わるということを示します。
従って、土用の18日間は、四季の間にあって、それぞれの強い“気”を和らげるクッションのような存在となっています。
季節が変わる時期で体調を崩しやすいので、力仕事や気を遣う行事は控えて、滋養のあるものを食べて休んでおきましょうと、先人達は考えました。

昔から夏の土用は、
「ウのつくもの」たとえば、ウリ・うずら豆・うどん・ういろう
うぐいす餅・ウルメイワシ・梅干しな等、
「黒いもの」たとえば、黒豆・黒ごま・ゴボウ・しじみ・あんこ
黒砂糖・醤油・ひじき・海藻・こんにゃく等が体に良いとされています。

勿論、「うなぎ」もビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できます。
暑い時期を乗り切るために栄養価の高い鰻を食べるという習慣は万葉集にも詠まれています。

因みに、鰻の旬は脂がのって一番美味しい晩秋から初冬です。
しかしながら、「土用の丑の日に何故、鰻なのか?」
これは諸説ありますが、夏場に鰻が売れないと嘆く鰻屋の店主が、知人である平賀源内の提案で「本日丑の日」と書いて店先に貼り出したところ大変繁盛した、という説が有名です。

古来より、庶民の貴重な栄養源として親しまれてきた鰻ですが、最近では高騰が続き益々高級食材化が進み、私の口には中々入らなくなりました……
鰻を食べても食べなくても、土用には心身は勿論、〈声とことば〉のメンテナンスをいつもより少し意識して、暑い夏を乗り切って下さい。(喜)
関連記事