FC2ブログ

表現・発声クリニック(6/2)                           《共通系》

6/2(金)表現・発声クリニック

[1]歌発声個人チェック(磯貝塾長)
  ピアノによるスケーリング(2名)

[2]講座「鳴る声、とぶことば」(磯貝塾長)
  ・ポジショニング=意識的にやること(舌やアゴを使って)
   (口腔内の鳴る位置を明確につくること)
  ・横に寝て口をあけ声を出す(この音があなたの音)

《口のポジション》
  ①上前アゴ;前歯茎から喉(声帯)にもってくる
  ②硬口蓋奥;硬口蓋と軟口蓋の重なる位置から鎖骨あたりにおとすように(蝶形骨から下に)
  ③けんよう垂;けんよう垂と喉をつなげて出す
  ④下アゴ;下前顎骨から、舌下面を通り喉にもどす
  ⑤喉頭;喉(実声) ※息を吹き上げないこと
   ※点で出す事、けんよう垂の位置を確認する、喉の位置は音をかえても変わらない

《言語思想》
  ・言語能;口、運動脳で行う。イエアオウは口にある。それは意思でやっている。
《音声意思》
  ・音声能;鼻、喉(ことば以前の生存本能に近い)

 ・音と言語は違う。それを一つにして、ことばをつくる
 ・意思が違う = 意味が違う → 音声が異なる
 ・言語能を鍛えること
 ・平舌の人が感情が動きにくい
 ・フエは口ではない
 ・本来の姿に戻って、純粋な音を身につけること
  自身の中に見つけること、鳴らすこと

 ◆本日の磯貝語録:音声は本能に直結している。音声は意志の前にある
関連記事