FC2ブログ

基礎講座Ⅱ(2017.2.16)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり、出先拓也

【本日のテーマ】
コミュニケーション③ことばの組立

【身体法】
IM基礎身体法
手をこすり気を集め、身体さすり
顔マッサージ
ハミング

【講座内容】
言葉の組立(文の組立)
・パブリックとプライベート場での言葉の違い
・パブリックでの音声、言葉

・文を組み立てる実習ー参加者個々、文をつくる
命題をより具体的に伝える
構文…「いつ」「何を」「誰と」「どのように」「何をする」
主語、述部を明確にする。

【担当助手感想】
文の組立は、説明する物事と自分との関係を相手に分かるように、具体的にかつ簡潔に情報をまとめること。簡潔に具体的にという情報量の感覚が重要だと感じた。コミュニケーションにおいて日々行っていることだが、相手に分かるように伝えるには、日ごろから意識し実践することが必要であろう。

【磯貝語録】
・話すことは考えながら話すこと。ペラペラ思いつきで話すことではない。
・話すことは、言葉使いだけ覚えても声が良くならないと通じない。

【参加者感想】
・自分はパブリックの場で話すことから逃げていたと気づいた。
・今日の内容は一番苦手なこと。話しているとバラバラになってしまうので、パッケージにして話せるか自信がない。

20170216
文責 菅家ゆかり
関連記事