FC2ブログ

月刊「聲の力」 第14号(2017年 1月25日 発行)

▼月刊「聲の力」2017年1月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年1月25日 発行)

2017年が動きだし、はや1か月。本年第1号のニュースレター「聲の力」をお届け致します。
近年ではお正月も簡素化され風情も薄れてきているように感じますが、それでも新年の挨拶や喜びの言葉を口にすると、気持ちが引き締まり活力が湧いてきます。
皆さん、今年はどのような抱負を胸に刻まれたでしょうか。新たな意気込みをしっかり実行していきたいものですね。
今年も声とことばに関する情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。
まずは、遅ればせながら代表の磯貝より「2017年年頭所感」をお届けします。

___________________________________

■□  『2017年 声とことばの磯貝メソッド』 ■□
_______________________________________________________

2017年 年頭所感
Vocal Arts Service Center 代表 磯貝靖洋 (2017.1.5)

明けまして おめでとうございます。
本年が健康に恵まれ、良き活動の年となりますことをお祈り申し上げます。

今年は私たちVocal Arts Service Centerにとって、大変良い年になりそうです。
2007年7月7日に、それまで30年続けたOpera Work Shop(OWS)を大きく衣替えし、“声とことばの専門グループVocal Arts Service Center(VASC)”が誕生しました。
そのVASCが創設10年を迎えます。あれから早10年が経過しました。たくさんの方々が参加され、力をいただきました。
2017年は、これから10年先へ向かい、丈夫な枝を繁らせる始まりの年です。


◆創設10周年までの主な仕事

第一は、「声とことばの磯貝メソッド」の体系化です。
「美しい日本語の音」をコンセプトに「発声、発語、発話のメソッド化」とその研修をシステム化しました。こう書かれてもピンとこないくらい、私達日本人にとって「ことばの声」は切実でなく「意味が分かれば良いだろう」「なぜ良い声でないとダメ?」等で止まっているのが現状です。しかし美しさを求めるのは人間の本能です。

第二は、磯貝メソッド「指導者養成講座」の実施です。
最低2年間の研修の後、試験認定試験を経て、全国に正講師14名、準講師16名が輩出されました。すでに7都市、札幌、仙台、新潟、金沢、東京、大阪、広島で「声とことばの磯貝メソッド」による日本語の音声改善が始まっております。

第三は、磯貝メソッドの柱の1つである“美と芸能の実践”としてのVocal Arts Theater(ヴォーカルアーツシアター)の開催です。
毎年テーマをきめ、様々な声のアーツを実演してきました。昨年2016年には「日本の女詩力」をテーマに平安期から現代迄の女性の詩を、楽しく生き生きとステージに展開しました。さらに古典の「竹取物語」を原文のまま朗読劇にし、古典の美しさを楽しみました。
今年は、10月1日(日)に「源氏物語」をお届けする予定です。お楽しみに。(於:東京代々木のオリンピックセンター)

第四は、ヴォイスチェック(声とことばの診断)の定期的実施です。
喋っている本人には分かりにくい自分の声を、いくつかの検査で明らかにする事業です。検査データの説明から、今後どうすればよいのかのアドバイスを致します。
全国各地からの参加者に加え、定期的にチェックを受けられる方も増えました。
2017年は、2/19、3/20、5/7、7/17、9/18、11/23に開催予定です。

◆さて、VASCの未来のお話を致します。

そもそも歌の発声指導で始まった磯貝メソッドが、本家帰りを考えています。今迄積み上げてきた「音楽発声法・歌唱法」を総まとめし、さらに先に進める「歌マスターコース」の開設を予定しています(2017年6月以降)。乞う御期待!
コンセプトは「新しい響きの美しい日本語発声と歌唱法」です。
母音言葉の日本語は、自然にまかせたままでは劣化します。
楽器(喉)を磨き、声を澄まして、今迄にない響きをつくり出します。上質のヴォーカルステージづくりです。気を入れてやらないと出来ない仕事です。多分10年がかりの覚悟が必要な取り組みでしょう。思いつきでなく、本気でやる仲間を全国から集めたいと思います。

その他沢山、未来計画がありますが、丁寧にやっていきたいので、慌てずにお知らせ致します。

今年一年、どうぞよろしくお願い致します。


_________________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【1月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度後期(1~4月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  NO残業の水曜夜と週末土曜朝に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【1月~】声で聴かせる表現講座「ヴォーカル・パフォーマンス」は発声からやります。
――火曜夜は朗読(絵本・フランス詩)/台詞(泉鏡花・チェーホフ)、日曜月1は源氏物語
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、2/19, 3/20, 5/7と実施します。
http://www.voice-check.com/

[4]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

お正月は、日本の伝統を感じる機会です。門松、初詣、年賀状、お節料理、お雑煮、七草がゆ等、新年を祝い平穏を祈念する習わしや行事が受け継がれています。我が家のカレンダーにも日本らしい風習を見つけました。1月、2月の表記に並んで睦月や如月の呼称が印刷されているのです。睦月は家族や親戚が集い睦み合う月、如月は寒さで着物を重ねて着る気候、3月弥生は草木がいよいよ生い茂るという意味が込められているんです。継承されてきた日本語は、日本の生活や伝統を物語っています。日本語は、音声にするとそこに込められた意味や風景が映像として捉えることができる、素敵な言葉です。今年も日本語と真摯に向き合い、美しい音声やことば、伝わる声を届けていきたいものです。 (文責 菅家ゆかり)
関連記事